2012年10月 5日 (金)

現場監理

すごぉ~~~~~く 久しぶりの

自分の事務所名での 現場監理が 始まった。

 

で 工事業者の現場監督が 若い!

30代前半 関係する二人とも・・・・・

 

自分の子供でも おかしくない年齢

年とったなぁ~~~~

と 思うのと

 

自分のそんな頃を 思い出す。

現場の彼らもそうだが

仕事がわかって来て 一番元気で 勢いのある 年齢である。

うらやましい!

   

が 

過ぎていってしまったものは仕方がない

若い力 元気をもらいながら

私が 積み重ねたことを 伝えられたら

良いと思う。

 

20121006

    

| | コメント (0)

2012年9月16日 (日)

商売人 と 職人 の 違い

人間 食っていく・生きていくためには 仕事をしなければならない。

一般的に 働いて その代償として お金を得て 生活を維持している。

 

職種の違い

まぁ 

第一次産業 第二次産業 第三次産業 って 分類も 

今の世の中では

単純には 行かないが・・・・・

  

一応 私は技術を売っていている

技術者・職人

自分を売っているわけである。

「物」を売る商売とは 全く違うと思う。

それは 良い悪い  どちらが上でどちらが下 と言うことは無く

どちらも 社会生活に必要ものである。

 

で 言いたのは 

技術を売っている職業を 物を売る商売の様に 評価されることである。

 

仕入れ値が これだから 元請けは決まった比率を取って 残りは下請けに

仕事の内容 作業量など お構い無しに

仕事は大変だけど 私のところは取り分として これだけ必要だから 

残ったお金で全部やってね!

  

って 場合が殆どである。

  

その考え方が 商売人・商人なら しかたなく あきらめもつくが

一応 同業の技術者(的)な立場の人から されると 腹が立つより

悲しい!

  

まぁ 私の能力が それだけのものなんだから 仕方ないけど・・・・・ね。

 

 

金 金 の 世の中 ・・・・・

なにをしても 手元に金を残した方が 勝ち!

ですね。

 

やだ やだ

  

  

 

| | コメント (3)

2010年12月13日 (月)

始業時刻は何時?

「定時は」関連の検索で 見てくれる人がいる。

以前 退社時刻について 書いた

  

では 始業時刻は・・・・

ラインの工場等 ラインがが動かないと仕事にならない業種は ちゃんと決まっているのであろうが

自分ひとりで 始められる仕事は いつからでも始められる。

  

昔 私の業界は 夜遅くまでやる代わりに 出社が遅いなんてケースが多かった

が 最近は 朝が早い人がいる。

で 夜はと言うと

夜も遅い

夜は遅く 朝も早い!

で その多くの場合 残業代の付かない人が多い・・・・・

  

戦後 労働環境・条件は劇的に改善されてきた

が しかし 

ここのところ また 労働環境・条件が悪くなってきた 様に思うのは 私だけ?

  

その原因は

若い人に 労働者意識が無い

「経営者・準経営者」と「労働者」とは まったく異なる存在である事の認識が無い

最近 労働組合ってありますか?

参加していますか?

労働組合は 本来の機能を果たしていますか?

   

この国の国民は 経営者・準経営者 と 労働者とどちらが 多いですか?

あなたは どちらですか?

  

「蟹工船」が流行しても 物語・他人事としか受け取らない

内容の違いは有っても 自分が蟹工船の労働者と同じ立場にあるとは まったく思っていない。

    

ヤッパ経営者や役人にならないかんなぁ~~ と思うっている

99.9999・・・%その可能性が無いのに「私は労働者ではない」と思っている労働者  

  

  

  

| | コメント (0)

2010年12月 5日 (日)

今年も・・・・

去年に続き

今年の年末も

はまってしまった・・・・・・・・

        

仕事

  

去年は 最低限の収入は 確保されていたが・・・

今年は・・・・・

    

これが 「最悪」の状態であることを 願いたい。

  

 

| | コメント (2)

2006年11月 9日 (木)

悪徳弁護士!?

耐震診断・補強で知り合った奥さん

空き家の耐震の話でした。

結構古い建物で、耐震補強より 建て替えの方が 良い感じでした。

建築に関して色々話を聞いていると 悩みは「地震」より「相続」の問題でした。

姉弟のきょうだい二人。弟さんと相続の件でうまくいっていない。

話し合いの場に出てこないので 仕方なく弁護士の先生に依頼したそうです。

で この弁護士が とんでもない先生

当初弟に連絡を取ったが 返事が返ってこないと その後7年間ほかりっぱなし

人の良い奥さんは 催促もせずに 季節の挨拶はちゃんと贈っている。

当然 着手金はちゃんと支払っているとの事

それも相当な金額 私なら喜んで1ヶ月強は一生懸命働くほど

まあ同じ「士」がついても 月とすっぽんの違いは有りますが・・・・

おい おい 相手から返事が無いかっらて ほかりっぱなしで いいの?

話の場に出てこないから 困って先生様にお願いしたんでしょ

「それはへんじゃぁ無いですか?」と奥さんに話すと

「そうですね。そうですよね。」と 人の良い奥さん

弁護士大先生に 催促の連絡をすることを勧めました。

2時間強の打合せのうち 建築相談30分 人生相談1時間30分強でした。

きっと つづく

注:すべての弁護士さんがこんな人では無い事は

  十分に分かっていますので 誤解の無いようお願いします。

| | コメント (3)

2006年10月 5日 (木)

耐震診断

市から委託され、住宅の耐震診断をしている。

診断を行うのは、56年以前旧建築基準法により建てられた木造住宅です。

宮城県沖地震により大きな被害が発生したことから、木造住宅に対する構造的な基準が見直されました。

耐震診断は旧基準基準による建物を、現在の基準により行うことから、ほとんどの住宅が「地震がきたら倒壊(倒れてつぶれる)の可能性が大きいよ」って結果となる。

その結果を居住者に説明するのだが、そんな結果を告げるのは「がん告知」に似て結構つらい。財力があり耐震補強が出来る人ならいいが、そうでない人がほとんどです。

その場合、家具の転倒防止や 住宅の中で比較的安全なところは何処か等 簡単にできることを説明するようにしています。また、耐震補強についてすぐに完全な形で出来ない時は、全体のバランスを考えた上で、改修・リホームなどにあわせてできるところから耐震補強をするように話をしています。

不安な方は、市(町村)役場や信頼できる専門家に相談してみてください。

くれぐれも 人の弱みに付け込む悪徳業者には ご注意を!!

| | コメント (0)

2006年10月 3日 (火)

サービス残業

学校を卒業して最初に勤めた設計事務所

四半世紀も前になるのだが

経営状態が思わしくなかった

なら、新入社員を採るな

収入は無いのに、仕事はある

大変なところに就職をしてしまった。

残業代が払えないので、代休に振り替えであった。

しかし、代休などとれるはずもなく、すべてサービス残業

最低月50時間は残業をしていた。多い時は100時間以上だったと思う。

そんな事務所も経営不振により解雇されてしまう。

今で言う リストラである。

そんな言葉の無いころ 私は最先端を行っていた。

4年勤めたので最低でも残業時間は2400時間以上あり

300日、1年以上休める代休の権利を寄付して退職しました。

今なら、権利を主張できたかも分かりませんが

時代 ですかね。

ちなみに その次の事務所も 残業代を頂いていません。

当然 残業は多い勤務体制でしたが

| | コメント (0)

2006年9月 7日 (木)

元建築士

年収2000

業界では 一級建築士の資格のことを こう言っている。

足の裏の飯粒:取らないと気になるが、とっても食べられない」

建築の設計をしている以上 とらないと気になる。

(設計事務所等に勤めていれば 管理建築士が一人いれば その管理下において 無資格でも設計作業は可能である。)

しかし、資格を取ったら 必ず食っていける(収入が得られる)ものではない。

(足の裏の飯粒は食べられないですよね)

一部の能力のある建築士は別にして 私を含め多くの建築士は 経済的に厳しい状態である。

人の道に外れたことをしないと、高級外車にも乗れないし、愛人ももてない。ましてや、「かつら」なんかは・・・

しかし、すぐそれと分かるあのかつら安物

| | コメント (0)