2006年8月16日 (水)

有名な神社

今 日本一有名な神社を 国民を代表するとされる人が参拝しました。

その理由が 戦争で亡くなった人に敬意をはらうため と 公約を守るため。

だそうだが・・・・

前者に対して誰も 異論は無いと思う。近隣国家も同じだと思う。

しかし問題なのは 戦争を始めた人 指揮した人達が まつられていることだと思うのですが。

そして 問題は この国の行った先の戦争が 「正しい」と考えるか 「正しくな」と考えるか であると思う。

「正しい」と考えるのであれば 参拝するのが当たり前であり

「正しくない」と 考えるのであれば 参拝すべきではないと思うのだが

そして 戦争犠牲者に対する 敬意のはらい方は 他にあると思う。

考えるかめさんは

この問題の根源はそんなに難しいことではなく

先の戦争を 「正しい」と考えるか 「正しくない」と考えるかだと思う。

頭の良い人は 物事を複雑にしたがるが それでは なかなか結論が出ないばかりか だいじな事を見失ってしまうような気がする。

(頭の良い人は、議論すること自体を 楽しんでいるんだろうか?)

先の戦争の是非を 述べないのは 卑怯であると思うのだが・・・

国民を代表するとされている人は 代表になって以来 すべてにおいて 大事なことは はっきり言わず イメージで物事を進めてきたような気がする。

それって 詐欺と同じじゃぁ~~ないの?

| | コメント (0)