« 正直者! | トップページ | 台風をなめたらダメ! 訂正・加筆 »

2013年9月21日 (土)

台風をなめたらダメ!

伊勢湾台風の時

名古屋において最も被害が酷かった 南区に住んでいた。

用心深い両親のおかげで 超早めにRCの建物に避難した 我家は命を落さずに済んだ。

その用心深さが無かったら 今ごろこの世には いなかったであろう。

 

台風接近

それでも「USJ」へ!

深夜から明け方に 台風通過

台風一過で 晴天になるだろうと

台風に向って 自家用車で

出発した 母と娘

  

しかし 高速道路通行止めで 

選んだ道が 山の中の 川沿い 県道

県道といえども 山を抜ける狭い山道

 

なんで この道を選んだのであろう。

高速道路の様な立派なバイパス国道

(私たちは「タダ名阪」と呼んでいる)

があるのに・・・・・

今回通行止めとなった「新名神高速道路」が出来る前は、タダ名阪を使っていた。

普通ならこの道を選ぶ

この道だったら こんな事にはならなかったであろう。

  

氾濫した水と めくれたアスファルトに 行く手を阻まれ 立ち往生

    

車だけが 発見された

  

そのまま 車に乗っていたなら 助かっていたであろう。

(結果論だが・・・・・・・)

おそらく

車を降りて 流されて 行方不明に・・・・

   

そして 今日 下流のダム湖で 母娘の遺体発見

    

自然をなめてはいけない

 

伊勢湾台風以後

父は 台風に対して 異常に用心深かった

台風接近となると 毎回雨戸を釘で打ちつけていた・・・

子供心に 恥ずかしいほどであった。

  

しかし その用心深さが 災害から命を守るのである。

 

 

自業自得ではあるが

二人のご冥福を祈ります。

  

  

    

 

|

« 正直者! | トップページ | 台風をなめたらダメ! 訂正・加筆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 正直者! | トップページ | 台風をなめたらダメ! 訂正・加筆 »