« 台風をなめたらダメ! | トップページ | お口の恋人 »

2013年9月21日 (土)

台風をなめたらダメ! 訂正・加筆

なぜ 国道タダ名阪に行かなかったのか?

こちらも 通行止め だったようである。

そんな気は したが・・・・・

  

では なぜ そんな マイナーな 危険な県道へ行ったか?

その道を お母さんが 日頃よく使っていたわけでは無く

どうやら「カーナビ」に誘導されたようである。

どの程度の性能のカーナビか 分からないは

アナログ地図を見る限り 私はあまり通りたくないルートである

平常時でも・・・・

 

「カーナビ」の 言うがままに 行ってしまたのであろう・・・

  

「天国へのルート案内を開始します。」

天国なのか 地獄なのか 分からないが・・・・

  

「カーナビ」

今年の1月 ポータブルの 最低機能のカーナビを買った。

実に便利である。

しかし、機械(?)コンピューターである以上

どの様な 条件でルートを設定しているかを 知らないと危険である。

台風の時 悪天候の時 通ってはいけない道

なんて 条件はインプットされていない。

 

最終的には 自己判断が必要である

特に 非常事態には

 

人間は 自然を克服し 快適な日常生活が送られるように システムを作ってきた 進化(?)してきた。

 

そのおかげで 人間は自然の驚異を意識せずに 日常生活をおくられるようになってきた・・・・・平常時は

  

普段の気にしていないので 

人間の自然に対する警戒本能は退化した・・・

  

用水に落ちて 小1の子供が水死した

「危険な水路にはフタをするのが当たり前」

それは そいうであるが

日本中の用水に フタをするなんて 限界があり

その用水には フェンスがあった

って ことは 入ってはいけないところ

そこに 入るには それないの覚悟・注意がいる

小1の子供にそんなことは分からないとの反論はあると思うが

それを 教えていくのが 親の 大人の 役目・・・・・・

 

しかし 大人にその能力が無くなった今 不可能な事であるのか・・・

 

基本 自分の命は 自分で守ろう

そのために 普段から 日常生活における 

意識・認識・心がけが 必要である。

と 思うよ

  

 

死にかかって

痛感する。

LDLコレステロールが 高いと 言われていたのだから

心筋梗塞の症状ぐらい 調べておくべきだった

「心臓が痛く」なるわけではない

代表的な症状が 全て出ていたのだから・・・・・

発病時にすぐ治療を受けていたら

心臓のダメージも少なく済んでいたのだから・・・・

  

  

伊勢湾台風

心筋梗塞

生かされた命

大事にしないと・・・・

  

  

    

 

  

|

« 台風をなめたらダメ! | トップページ | お口の恋人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 台風をなめたらダメ! | トップページ | お口の恋人 »