« 左義長(さぎちょう) | トップページ | 大阪 バスケ部キャプテン 自殺 Ⅱ »

2013年1月13日 (日)

大阪 バスケ部キャプテン 自殺 Ⅰ

暴力はいけない。

有っても 

目を覚まさせるための「一発」

それも 愛情をもって!

 

それ以外は 教育とか 指導では 絶対にない

暴力以外の何者でもない・・・・

 

回りも 容認していたんでしょう

学校も 父兄も 生徒も

強いから 強いチームにしたから

強いチームでいられるなら

  

「暴力」か

「弱いチーム」か

どちらを選びますか?

 

「暴力」です!

「暴力だろうと 強くなれば良い」

  

その価値観から言えば

良い指導者である。

実績を上げている。

結果第一

「成果主義」

  

コートでも 叩いていたよう

だったら みんな見てたんでしょう?

 

共犯者

 

監督が悪いのは 当然であるが

それを 知っていて 許していた 回りの人間にも 責任がある

と 思うよ 私は

  

  

|

« 左義長(さぎちょう) | トップページ | 大阪 バスケ部キャプテン 自殺 Ⅱ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 左義長(さぎちょう) | トップページ | 大阪 バスケ部キャプテン 自殺 Ⅱ »