« ドタキャン | トップページ | フラッシュ・デッキ! »

2012年12月19日 (水)

身体障害者 考

「身体障害者」

(以下 心身障害者も同様 「身体」を「心身」に置換え)

最近は「害」とは何たるか!

と 「害」をひらがなとし

「身体障がい者」

と表現することがある

特に (方面的なことが大切な)行政・お役人さん関係

 

良いじゃん「身体者」

何がいかんの?

 

決して 対象者が「害」の元ではない

「害虫」等々・・・・・

これにしても 人間にとって「害」であり

自然界においては 存在意義が有ると思うが・・・

  

そお思っているから わざわざ表記をかえる

表面的な

 

身体障害者とは

身体に障害のある人

  

私は違うと思う  

身体障害者とは

身体の機構・構造的に多数派の人間に

都合の良い様につくられた社会において

生活する事に障害のある

の ことでしょ?

 

例えば 

人間の多数派が車椅子使用者であれば、段差・階段なんて存在するはずが無い

  

今の社会において

普通に生活するには障害がある人

なんだから

社会に存在する 彼らにとって全ての障害が無くなれば

彼らは もう障害者では無くなるのでは?

  

 

それまでは 身体障で 良いのである。

  

    

 

|

« ドタキャン | トップページ | フラッシュ・デッキ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドタキャン | トップページ | フラッシュ・デッキ! »