« 発達障害-1 | トップページ | 発達障害-3 »

2012年12月 8日 (土)

発達障害-2

今まで気にはなっていたが ちゃんと調べていなかったので

ちょっと調べてみた。

その中で ちょっと気になったのが 

これ

2

 

小学低学年なんて こんなヤツバッカじゃない?

半分ぐらいがこんな 元気で おっちょこちょいの 困った小学生 じゃないの?

  

まぁ この状態が 小学校高学年・中学校まで続いていたら 問題だが

 

で大事なのが

その子が

発達障害という病気なのか?

性格なのか?

 

で こんな単語が使われているようである。

病気は 「生物学的要因」

性格は 「機能不全家族」に育てられたことによる。

  

まぁ 前者は病気だから 

・原因究明 

・治療方法の研究 

・現在発病している子に対する適切な対応

を するしかない。

 

まぁ コレは良いのだが

問題は 後者

「家族」による影響・要因が 非常~~~に 大きい。

親がこれじゃ~駄目だなぁ~

と思う 駄目親が多い 多い!

  

また 社会環境 地域環境 学校環境も 問題だね。

世の中 根本から 変えないと 駄目だと思うが・・・・

  

この国の方向性を決める 衆議院議員選挙があるが

とにかく 選挙に行こう!

    

  

     

  

  

   

|

« 発達障害-1 | トップページ | 発達障害-3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 発達障害-1 | トップページ | 発達障害-3 »