« 酔っ払いシーズン到来!! | トップページ | 発達障害-2 »

2012年12月 8日 (土)

発達障害-1

気になった インターネットの 記事

1

  

   

小1 9.8% って事は 10人に一人 40人クラスだと4人弱

小4 7.8% 13人に一人 クラスに3人強

中1 3.2% 31人に一人 クラスにクラスに1人強

おるねぇ~~~

 

  

どれが 病気であるのならば 予防・治療が急務である。

それに そんな子供には適切な教育環境を整える必要がある。

  

で 原因は・・・・・

まだ はっきりとは究明されていないようである。

  

 

  

 

|

« 酔っ払いシーズン到来!! | トップページ | 発達障害-2 »

コメント

検査方法などが厳密になって,細かく識別されるようになると,「ふつう」の幅が狭くなります。そう言った点を差し引いた統計なのでしょうか。

個性を認めるのか,それを矯正するのか。二者択一ではないと思いますが,ある程度の配慮をするのが教育だと思います。また,本当に特別な対処(医療)が必要な子には,きちんとした対策が確かに必要でしょう。

でも,社会に出る前に,学校で共に暮らすことも大切だと思います。ただ,学校に入るまでの時期,何も制約なく育っていると,学校が対応するのに大変かもしれません。

マスコミはセンセーショナルに書きます。速報性を期待されなくなってきている新聞では,もう少しじっくりと専門家を取材し,奥行きのある記事に期待したいのですが。

投稿: グズてつ | 2012年12月 9日 (日) 11時09分

奥が浅いですね。
最近のTVにしてもしかり
大学教授とか 学者とか 出てくるが
受けを狙った 話ばかり。
学者は 学者で 芸人ではない。
「啓蒙」は必要だが
「軽薄」は不必要
  
この記事も
問題提起の記事なら良いが
受け取り側にその気、資質、能力がないと
表面だけで終わってしまう。
  
全ての事がしかり
政治家を選ぶ選挙にしても
  
まぁ おやじのぼやき!
でも あきらめずに ぼやき続けましょう
お互いに!(?)
 

 
  

投稿: かめ(さん) | 2012年12月 9日 (日) 18時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 酔っ払いシーズン到来!! | トップページ | 発達障害-2 »