« かめさんが保育園に やって来た! | トップページ | 反日デモ »

2012年9月16日 (日)

商売人 と 職人 の 違い

人間 食っていく・生きていくためには 仕事をしなければならない。

一般的に 働いて その代償として お金を得て 生活を維持している。

 

職種の違い

まぁ 

第一次産業 第二次産業 第三次産業 って 分類も 

今の世の中では

単純には 行かないが・・・・・

  

一応 私は技術を売っていている

技術者・職人

自分を売っているわけである。

「物」を売る商売とは 全く違うと思う。

それは 良い悪い  どちらが上でどちらが下 と言うことは無く

どちらも 社会生活に必要ものである。

 

で 言いたのは 

技術を売っている職業を 物を売る商売の様に 評価されることである。

 

仕入れ値が これだから 元請けは決まった比率を取って 残りは下請けに

仕事の内容 作業量など お構い無しに

仕事は大変だけど 私のところは取り分として これだけ必要だから 

残ったお金で全部やってね!

  

って 場合が殆どである。

  

その考え方が 商売人・商人なら しかたなく あきらめもつくが

一応 同業の技術者(的)な立場の人から されると 腹が立つより

悲しい!

  

まぁ 私の能力が それだけのものなんだから 仕方ないけど・・・・・ね。

 

 

金 金 の 世の中 ・・・・・

なにをしても 手元に金を残した方が 勝ち!

ですね。

 

やだ やだ

  

  

 

|

« かめさんが保育園に やって来た! | トップページ | 反日デモ »

コメント

技術が認められない社会では技術は廃れてしまう。

うまく活用するものがはびこってしまうと,やがておおもとをつくり出すものがいなくなり,にっちもさっちもいかなくなってしまう。

見えないところにも大切なものがある。落ち着いて考えないと,わからなくなってしまう世の中ですね。

投稿: グズてつ | 2012年9月17日 (月) 09時12分

私の仕事は,さまざまなことを社外に発注することで成り立っています。

ここしばらく,発注先を「協力会社」と呼ぶように心がけています。協力して仕事をする。このことを意識するためです。一方的に押しつけるやり方は長続きしません。

「アウトソーシング」ということばも嫌いです。「丸投げ」の言い逃れみたいで。

年をとると頑固になりますね。

投稿: グズてつ | 2012年9月17日 (月) 09時23分

この国の 平成以降? 21世紀以降?の
米国的社会
新自由主義
「お金」至上社会
成文化法第一主義社会
訴訟社会
クレーマー社会
への移行から 
何かこの国は おかしくなってきているように思います。
真の米国による 占領が始まったように思います。
 
大きな会社 と 小さな組織 から 仕事をいただく
フリーランスの私には やそれぞれに やりづらい ことばかりです。
業種にもよると思いますが
 
また、とりとめも無く、だらだらと、書き残しておこうと思います。
  

お付き合いを!
 

投稿: かめ(さん) | 2012年9月17日 (月) 10時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« かめさんが保育園に やって来た! | トップページ | 反日デモ »