« 「さよなら」を言うときだがや! | トップページ | 花火 »

2012年8月15日 (水)

お盆 終戦記念日 蝉の声

第67回 終戦記念日

  

「終戦の日」はいつか?

8月15日ではない との見解も有るが

この国にとって

当時のこの国にとって

天皇陛下のお言葉のあった

玉音放送の日

が 正しく終戦記念日だと思う。

 

昔「敗戦記念日」などと言う人もいたが

まぁ 「勝ち」「負け」など 問題ではない

終わったことに 意味が有るのだと思う。

 

負けたからと言って 

復習してやる! なんて まったく必要も無く

卑屈になる必要も無い。

  

勝てるわけの無い 相手に 戦いを挑んだのだから

勝敗は ひを見るより明らかである。

  

  

終戦記念日 8月15日 

「お盆」いうのも 日本らしい・・・・・

  

父は大正15年生まれ

最後の徴兵検査を受けたそうである。

結果は 不合格

右手人差し指が無かった

  

父のお兄さんは 二人 戦死している。

もう 相当の年数が経っている 供養もしなくても良いのかもしれないが

我家の仏壇に

(一応 本家である。)

お位牌をおまつりしてある。

  

戦争を忘れないために

娘に伝えるために

  

当然 会ったこのない おじさん

今年のお盆も 我家に来てくれているのだろうか?

   

20120815

  

  

  

|

« 「さよなら」を言うときだがや! | トップページ | 花火 »

コメント

盆の供養は宗教行事。そんなふうに思っていましたが,ちょっと違うかもしれない。

一人ひとりが身内を思う気持ちが,社会を大切に思う気持ちにつながり,それが平和な社会をつくる。

大袈裟ですが,そんなふうに思いはじめました。

私はそれほど親孝行をしていないので,子どもたちにうまく伝えられてないのではないかと,不安に感じています。

言葉だけで,人を敬う気持ちを語ってもダメで,やはり日々の行動が大切ですね。

投稿: グズてつ | 2012年8月17日 (金) 00時57分

日本古来の風習 続いているにはきっと意味がある。
継続する事は 大事だと思う。
新しい事を取り入れるのも良いことだが
古いから 時代遅れだからと 排除するのは問題
面倒だろうと 大変だろうと した方が良い風習は有ると思う。
宗教行事でも
同じ仏教でも「お盆」に重きをおいていない宗派もある。それはそれで良い。

投稿: かめ(さん) | 2012年8月17日 (金) 09時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「さよなら」を言うときだがや! | トップページ | 花火 »