« その前にやる事が! | トップページ | 当て馬 »

2012年6月29日 (金)

公衆の面前

公衆の面前で

普通の行動をしていて

公衆の面前では 一般的に見られないものが 見られる場合がある。

その対象は それに気がついていない

  

偶然見ちゃった場合 

それは 仕方ない事で 倫理的にも 法的にも 問題は無い 

(これは 間違いない)

 

では それを 凝視した場合

これも犯罪ではないですよね。

倫理的にはわからないが・・・・・

「スケベ!」の範囲内ですよね。

     

では それを写真に撮った場合は

盗撮? 犯罪?

例えば 偶然写ってしなった場合は 仕方無いことですよね。

コレは神様のおくりもの!? ラッキーですよね。

では 故意に対象に気付かれないように 撮った場合 

盗撮?犯罪?

盗撮では有るが 普通に見えているんだもんねけぇ~

コレは肖像権の問題・犯罪になっても

スケベ系の犯罪になるか?

この辺が 難しいですよね。

  

 

見えそうで見えないものを 不自然な状態・体勢で 見る・覗きの場合はは?

スケベ! で 許される? 

でも写真を撮ったら 間違えなく 盗撮 犯罪ですよね。

  

  

結論?

では 何処までが 許されるか

ジェントルマンとしては

偶然はOK

ちらほら見るはNO

凝視するのはNO

  

普通の男

偶然 OK

ちらほら OK

凝視 NO

  

スケベな男

偶然 OK

りらほら OK

凝視 OK (凝視するからスケベ)

  

ここまでは きっと法的には犯罪では無く OKでしょうね。

  

では「見えますよ」と教える男

NG

いらんことをするな!

  

どうでも良いけど 

私には大切なことでした。

 

私は?

公衆面前では「普通の男」と「スケベな男」の 中間

凝視したいけど 凝視できない 

「ちょっとスケベな男」

「良識をもったスケベな男」

「勇気のない男」

かな?

 

では 公衆の面前で なかったら?

想像にお任せします。

  

そうです 想像どうりの男です。

  

  

  

  

   

  

 

|

« その前にやる事が! | トップページ | 当て馬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« その前にやる事が! | トップページ | 当て馬 »