« 嬉しい言葉 | トップページ | 間違い探し »

2011年9月24日 (土)

大雨 集団下校

大雨で 休校となり

集団下校中の小4の児童が 増水した用水路に 落ちて行方不明になっている。

  

雨の中 児童を下校させる事が安全なのか?

学校にとどまった方が 安全なのか?

なんて 問題がある。

暴風雨警報が出たから 休校

休校になれば 学校にいてはいけない

下校! 下校!!

って 図式でしょうか?

  

暴風警報の中 子どもを 歩いて帰らせるの?

    

保護者の お迎え、同伴下校を前提にしている地域もありますが

  

集団登下校

上級生が下級生の面倒を見ながら 登下校を行う。

私がこどもっだ頃 「分団長」や「副分団長」なんて 役職があり

上級生が 低学年の 面倒を見たものである。

  

今の 子ども達は どうだろう

集団行動の中で 低学年 弱いものに対して

気配りをし 守る事を 教えられているだろうか?

  

小学校四年生

川の水が増えていて 流れが速ければ 近寄ってみたくなるのが当たり前

そう思わないほうが おかしい!

しかし その行為が 命取りになる事を 年長者は教えてあげなければならない

  

って コトもあるが

今回 もっと問題なのは

「先生」

集団の最後部を 先生二人が車に乗って ついて行った とのこと

えっ!

車に乗って・・・

子供達が雨の中歩いているのに

車で行った事に 何らかの理由があるにしても

私には 考えられない

  

子どもの教育が 専門の プロの 先生が・・・・・・

たとえ 教頭の 校長の 教育委員会の 市長の

指示であったとしても

好奇心のかたまりの子どもの 安全を考えたら できる行動ではないと思うが

  

もっと 人間の感性 感覚 を 磨かないと・・・・・

      

    

|

« 嬉しい言葉 | トップページ | 間違い探し »

コメント

年をとったからなのか,私も「もっと人間の感性感覚を磨かないと」と思うことが多いです。

ことが起こったとき,「しまった」と思うより先に,「責任の所在」が重要になっているように感じます。「しまった」という気持ちが,感性や感覚を磨くのかも。

失敗が許されない社会は,より大きな失敗をまねき,ますます失敗が許されない。あちこちでそのようなスパイラルがあるような気がして…。

投稿: グズてつ | 2011年9月24日 (土) 11時03分

マニュアル社会
悪しき米国化の一つだと思うんだけど
人をモノ・キカイとして扱っている。
考えることは 私達でやりますから
君達は 何も考えずに マニュアル通りにやっていれば良い!
  
以前の日本は違った 
先輩のやっている事をみて 
まねしなさい まなびなさい 
ぬすみなさい
だった
だから 考えなければ出来ない
あの行動は 何のために 等等
  
マニュアルに縛られすぎて 本来の意味が薄れてしまう。
マニュアルにないことは対応できない。
行動の本来の意味が分かっていれば 対応できるが・・・
で また マニュアルが追加される・・・・・
どんどん増える
  
なんて ことがあるように思うが
やな 世の中
しかし こんな日本で まだまだ生きていかなければならない・・・・・とは
ちと辛い
      

投稿: かめ(さん) | 2011年9月24日 (土) 14時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 嬉しい言葉 | トップページ | 間違い探し »