« ディンラビン | トップページ | 悲しい出来事・・・・・ »

2011年5月 7日 (土)

嫌いなものは嫌い!!

嫌いなものは 嫌いで 良い。

でも 殺しては いかんはなぁ~~~

ねぇ~~~~    

   

子ども達に 生き物・生態系・自然の話をする 機会がある。

「カエル」の話をすると 子ども達かは「嫌ぁ~~~い」と言う

そんな時 母親は「そんな事は言わないの」と 子どもに言う

私は「お母さんは好きですか?」と聞くと

「私も・・・・・・・・」との答え

   

「嫌いなものは嫌いで良い」

「嫌いなものは心から好きにはなれない」

当然である。

しかし カエルがいなくなると 困る生き物があり

生態系が成り立たない       

  

仲良くしろとは言わないが

排除することは いけない。

   

彼らが生きていることを認め

その役割に感謝すべきである。

  

「いじめ」にも似たものを感じる。

クラスには 嫌いな奴は必ずいる。

時には 理由は分からんが 生理的にいや!

なんて 奴もいる

逆に私をそう思っている奴もいると思う。

  

それを 無理にす好きになる必要はない。

  

「国際関係」も・・・・・

  

     

   

|

« ディンラビン | トップページ | 悲しい出来事・・・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ディンラビン | トップページ | 悲しい出来事・・・・・ »