« 面白い!! | トップページ | 才覚! 正しく! »

2011年2月13日 (日)

才覚!

良い人生を おくりたい。

今まで まったくの自分流で 生きてきた

よかったか 悪かったかは 分からない

大変な 生き方を 選んだことは 確かだが・・・・・

後悔が無い と言ったら 嘘になる。

恥ず人生か と 言ったら そうではない

   

  

で 今後 どう生きるべきか 気になる・・・・

ラジオで知った 一冊

Saikaku001

話題の書

なんですね 知らなかった・・・

「老いの才覚 曽野綾子著」

  

  

で 特に新しい発見は 無かった

そのとおり! って 感じであった

お墨付きを いただいた って ことかな 

そんな風にしか 読み取れないから 成長が無いのかも・・・・・

  

「老いの才覚」

この本 きっと 老いてから読んだのでは 手遅れであろう。

若いうちから こんな生き方を 心がけないと

歳をとってから 生き方は なかなか 変えられない・・・・

私のような 50代は もとより

もっと 若い人に お勧めの本である と 思うよ 私は

 

「遠慮」

「損をすることには黙っていない」

「乞食根性」

「身の程」

「死に様」

「義務としてでも親を訪ねる」

「世間にならうのではなく、自分の好みで決めなさい」

「野垂れ死にを決意しさえすれば」

「なんでも おもしろがっている老人」

「神は今、あなたが相対している人の中にいる」

「むしろ嫌いな相手にさえ尽くし続けることがボランティアの基本精神」

「嫌いなままでいいけれど、」

「神だけが、私が何をしたか、ほんとうのことを知っている」

・・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・・・

  

最後に紹介されえいる詩

「神われらとともに」(別名:浜辺の足跡)

感動します。

この詩とであっただけでも 762円の価値はあります。

  

立ち読みでも 読んでみください。

そして 感動したら この本を置いてくれた本屋さんに

感謝の気持ち 762円(税別)を払ってください。

そうすると 優しい本屋さんは この本を プレゼントしてくれます。

  

 

  

|

« 面白い!! | トップページ | 才覚! 正しく! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 面白い!! | トップページ | 才覚! 正しく! »