« 社会貢献 | トップページ | 放鳥トキ  »

2010年11月 2日 (火)

無期懲役 と 終身刑

裁判員裁判

「死刑」 回避 

「無期懲役」 選択

   

二つの判断

・犯した「罪」が「死刑」に価しない

・「人の命を奪う」決定の回避

   

どちらであろう・・・・・・・・・?  

      

    

「無期懲役」

「終身刑」

は 違う

って 知ってますよね?

    

死ぬまで 罪を償いなさい

ってのは 同じであるが

大きく違うのは 無期懲役には「仮釈放」があること。

条件付ではあるが 社会復帰の可能性があること。

    

日本には「仮釈放の無い無期懲役」?「終身刑」は 無い。

  

「死刑」廃止論の有る中 

「終身刑」の採用の道があるのでは・・・・・・・

   

「死刑」に値する 罪はあると思う。   

   

で 「死刑の執行」

なぜ 「絞首刑」 「ギロチン」 なんだろう?

「絞首刑」である 必要が有るのだろうか?

「死」をもって 罪を償うのだから

最後ぐらい もっと楽に死なせてやれば良いのに・・・・・

と 思うのだが

   

     

|

« 社会貢献 | トップページ | 放鳥トキ  »

コメント

死刑に関して
殺し方と同じ殺され方をすればいいと思っています。

心神耗弱だとかよく言われますがまともだったら殺人は犯さないでしょう。

投稿: 晋 | 2010年11月 2日 (火) 11時12分

犯行を認めている場合は 犯人に間違いないので
「死刑」でも 良いな。
犯人では 無い場合も有るかも しれ無いけど
だとしても 本人が言っているんだから
まぁ 問題はないはなぁ~

「責任能力」有無って言われるけど 罪を犯した事は事実だよね。
「知的障害」でも無い限り 責任能力はあるはな。
   

  

投稿: かめ(さん) | 2010年11月 2日 (火) 13時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 社会貢献 | トップページ | 放鳥トキ  »