« 過剰反応 | トップページ | 資本主義・新自由主義・・・3 »

2010年11月27日 (土)

死刑判決と裁判員裁判

裁判員裁判で 死刑が出て 話題になっている。

  

で 気になったのが

裁判員 当然一般市民が 死刑判決を決めたことを すごく悩んでいる

ってな 報道がされているが・・

何か変?

って 思うのは 私だけ・・・・・

ちょっと 考えてみてください

   

   

  

  

  

  

   

  

  

  

  

  

  

    

    

       

    

   

   

  

あなたは 死刑が相当と思ったですか?

死刑は 重すぎるとの 結論だったんですか?

   

 

で どの様にして刑が決まるのか調べてみた

  

2 評議,評決

 証拠をすべて調べたら,今度は,事実を認定し,被告人が有罪か無罪か,有罪だとしたらどんな刑にするべきかを,裁判官と一緒に議論し(評議),決定する(評決)ことになります。
 評議を尽くしても,意見の全員一致が得られなかったとき,評決は,多数決により行われます。
 ただし,裁判員だけによる意見では,被告人に不利な判断(被告人が有罪か無罪かの評決の場面では,有罪の判断)をすることはできず,裁判官1人以上が多数意見に賛成していることが必要です。
 有罪か無罪か,有罪の場合の刑に関する裁判員の意見は,裁判官と同じ重みを持ちます。

 

記者会見をし

写真まで載っていた

めちゃんこ悩んでいるあなた?

あなたは 評議の場で何をしました?

なさか「死刑」に賛成って ことは無いですよね?

  

反対だったら その場で 十分自分の考えを述べたのでしょうか?

まさ 黙っていた なんて ことは無いでしょうね?

自分の考えを言った上の 死刑決定であれば

多数決による 死刑であれば

それは 仕方の無いことであり

何も あなたが 悩むことではない

また あなたの考えが絶対正しいわけではないのだから

むしろ あなたが犯罪者の立場になって 彼を弁護する意見を言ったのであれば

彼に感謝されることはあるにしても

怨まれることは無いと思う   よ

私は

   

  

   

  

   

  

|

« 過剰反応 | トップページ | 資本主義・新自由主義・・・3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 過剰反応 | トップページ | 資本主義・新自由主義・・・3 »