« 生物多様性条約第10回締約国会議関連行事参加 | トップページ | 弁護士さん »

2010年10月10日 (日)

危険予知能力

事故

「10日午後2時25分ごろ、神戸市中央区の7階建てマンションで、「男児が転落した」と住民男性から119番があった。兵庫県警葺合署員が駆け付けたが、男児はロビーに倒れており、全身を強く打って死亡していた。
 同署によると、死亡したのは同区旗塚通の市立小学校6年の男児(11)。
 男児は友人2人とともに、同マンションの屋上で遊んでいた。屋上にある明かり取り用の窓に飛び乗ったところ、窓が割れ、約25メートル下のロビーに転落した。
 3人はいずれも同マンションの住人ではなかった。屋上への入り口は普段施錠されているといい、同署は屋上に上った経緯や転落時の状況などを詳しく調べている。」

  

小学6年生にも なったら 自分の身は自分で守らないと・・・

「天窓」 きっと「ガラス」が「ポリカーボネート」(強いアクリル板の様な板)のはず。

ガラス系は 割れるよ!

施錠してあったか してなかった わからないが

普段は 施錠されている場所とわかるはず

施錠するには それなりの理由があるはず

ってことは 気をつけて遊ばないと・・・・・  

   

「危険予知能力」は 生きていくために必要な能力

人間にとって 「学力」より 必要な能力のような気がする・・・   

 

|

« 生物多様性条約第10回締約国会議関連行事参加 | トップページ | 弁護士さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 生物多様性条約第10回締約国会議関連行事参加 | トップページ | 弁護士さん »