« そのとおり!!! | トップページ | 大津波警報-2 »

2010年3月 4日 (木)

大津波警報-1

チリ地震に伴う 大津波警報が発令された。

一日中 テレビ・ラジオで 流れていた。

幸い 予想される大きな津波は襲来せずに済んだ。

   

  

が しかし

大げさではなかったのか?

過剰警報ではなかったか?

の 声が

   

備えあれば嬉しいな!

で ある。

もし 警報が出されずに 大きな被害が発生していたら どうなっていたのであろう?

生きているからこそ 「なんだ!カンダ!」「オオゲサダ!」等々言えるのである。

死んでしまっては 「なんで警報を出さなかったのだ!」とは言えない。  

   

私は 伊勢湾台風の時 この地方において最も被害の大きかった所に 住んでいた。

母の「用心深さ」「心配性」のおかげで 早くに避難したおかげで 今ここにある。

避難が 遅れていたら おそらく 今ここにいないであろう。

   

今回の 大津波警報の発令に 拍手を送りたい!

   

  

ただ、ちゃんとした調査・検討の上での発令だったとしたらである。

まぁええ とりあえず 出しとけ! であれば 問題は別であるが 

|

« そのとおり!!! | トップページ | 大津波警報-2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« そのとおり!!! | トップページ | 大津波警報-2 »