« 大相撲 | トップページ | 観劇-感激 »

2010年2月 1日 (月)

不用品の回収

民間による不用品の回収の折り込みチラシが同時に2件入っていた。

どちらも市外の業者が 空地を借りて 期間限定で回収するもの

我家において ブラウン管TVと コンピューター用ブラウン管ディスプレイが 不要となっていた。

片方は TVはOK ディスプレイはNO

もう片方は TVはNO ディスプレイはOK

まぁ それぞれの処理方法が違うのであろうが・・・・

我家としては 願っても無い 2件のチラシであった。

   

で それぞれに それぞれを 持ち込んだ

空地で 回収品に囲まれ 担当者が待っているのは どちらも同じだったが

片方は

二十歳前後の若者が一人ケイタイで電話しながら 店番をしていた

顔は日本人であるが しゃべる言葉は 片言の日本語であり

思うに 韓国(朝鮮?)の人の様な感じ

もう片方は

30歳ぐらいの 女性が二人で 店番

26型(24型?)ブラウン管テレビを 一人で運ぶその女性の言葉は 昔懐かしい響き・・

フィリピンから来た人のようである。

   

今回の廃品回収は 外国の人によって 支えられていた・・・・

まぁ 誰が処理するにせよ その後適正に処理されることを願います。     

|

« 大相撲 | トップページ | 観劇-感激 »

コメント

数年前,パソコンのディスプレイを,メーカー(ソニー)に連絡してリサイクルしました。数千円の費用がかかりました。
昨年,地デジのテレビを買ったとき,古いテレビを販売店で手続きしてリサイクルしました。この費用は,エコポイントととして戻ってくる予定です。
このようにリサイクルするものと思っていました。でも,決められた料金を払う必要もなく,引き取ってくれるところがあるんですね。確かに,以前のちり紙交換のように,軽トラックで回収車がまわっています。でも,何となくうさんくさくて…。

投稿: グズてつ | 2010年2月 7日 (日) 11時52分

2,3年前にNational Geographicで見た,東南アジアの家庭での廃品解体の写真がいまも思い出されます。その家庭で使っている鍋で,鉛を溶かして回収していました。衝撃的です。
最近の電気製品は,無鉛はんだに移行しているのでしょうが,その一方で,このような現実があるとしたら,悩ましいことです。

投稿: グズてつ | 2010年2月 7日 (日) 11時58分

廃品・ゴミ・リサイクルは 良く分からない所があり
難しい問題だと思います。
自分でリサイクル・リユース・処理できるものは良いのですが・・
今回の回収業者が どうなのかはわかりませんが
    
いままで 汚い仕事 普通の人がやりたがらない仕事 表舞台に出ない仕事であり それに携わる人たちは 表に出ず仕事をしていた事もあり グレーな雰囲気がありますね。
役所も「じゃー辞めた!」といわれると困るので それなりの対応をしている事が あるのか 無いのか 
お上の発表する リサイクル率も 本当に生まれ変わった率では無く 分別回収率であり その後の事は 闇の中です。
   
無責任な言い方ですが 今回の回収業者が ちゃんと処理してくれる事を祈るしかありません。
残念ながら・・・ 

投稿: かめ(さん) | 2010年2月 7日 (日) 14時40分

リサイクル料を支払っていても,実際にどうなっているのかわかりません。ほんとうに悩ましいですね。
ゴミの分別だって,科学的な根拠が希薄と思えることも。分別のために消費する資源と,分別の結果,消費しなくなった資源の比較は,だれがやっているんでしょうか。
このような疑問はあっても,最後まで追えないわけで,結局は祈るしかありません。できることと言えば,ぜいぜい無駄な消費をしないことくらい。あっ,きょうもコンビニ弁当を買って,大量のプラスチックを消費をしてしまった。反省。

投稿: グズてつ | 2010年2月 7日 (日) 15時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大相撲 | トップページ | 観劇-感激 »