« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月22日 (火)

懐かしい!

懐かしい ドアノブ

おしゃれですね。

内側の鍵を回すと 外側の表示が変わります。

って こんなノブが有った事 知ってます?

Nobu1

Nobu2 Nobu3

| | コメント (4)

売国政治家

「日本を貶しめた10人の売国政治家」より

・もし当時(先の大戦時)の日本が失敗したとするなら、それはシビリアンコントロールが失敗したわけでも、(略)軍が暴走したわけでもなく、シビリアンである政治家が失敗したんですよ。

・もし昭和20年の時点で日本が核を持っていたら、アメリカは絶対に、原爆投下なんてできなかった。

・平和条約で止められた戦争は歴史上にないでしょう。

・村山首相の阪神淡路大震災での対応

・旧大蔵官僚は歳出を減らす事(内容に関係なく)こそ唯一最大のモチベーションなのだ。

・(郵貯・簡保に関して)政府直営のままでは外資は手が出せない。

・魚を三枚におろして骨の部分つまり郵便事業は捨ててしまい、おいしい切り身の部分つまり郵貯と簡保を米国金融業界に「どうぞ」と差し出す、それが竹中法案の中身だった。

・日本は国民皆保険といって、全ての国民が公的保険で守られているが、米国は先進国で唯一そうした制度が無い。

・保険料が払えない人はお荷物だから早く死になさい、というのが小泉構造改革の基本的な考え方なのだ。

・アメリカからの「年次改革要望書」

・市場原理を優先したカジノ資本主義

・竹中は、(中略)その忠誠の対象はアメリカであり、拝金である。

・小泉純一郎と竹中平蔵は「強いものが笑えばいい」という世の中を作ってしまった。地方や教育にまで市場原理を徹底的に導入。採算が合わない部門、地域は切り捨てるのが当然という雰囲気が日本国中に充満してしまった。

・彼らは支持率に影響を与えかねないテレビや新聞の論調と、それによって作られた大衆の世論しか恐れていない。

| | コメント (0)

右翼

U001

普段気になっていることと 本のタイトルが 一致して購入した。

本書全編に流れる思想は「右翼」である。

私の思想は どちらかと言えば「左翼」である。

また「タカ派」「ハト派」で言えば「ハト派」である。

(鳥は「スズメ派」である。)

と 思っていた・・・・・

「右翼思想」をちゃんと調べたわけではないが

きっと 「右翼」思想も「左翼」思想も 根本に流れる考え方は どちらも正しいのではないかと 最近思うようになってきた。

それぞれの考えを基にした(語った)活動者・活動団体の 活動方法に問題があるのであって

その考え方は どちらも正しく、共感できるような気がする。

   

最近の議員は自分の考え・思想をはっきりとしない(無いのかも?)人が多いと思う。

議員でいられるのなら、お金が入るのなら 右翼でも左翼でも タカでもハトでも なんでも良い人が多いような気がする。

これって「無翼」(強欲であるが・・)「コウモリ派」?

   

この本 政権交代等 日本が大きく変わろうとしている今(相当前から変わってきているのだが)読むに価する本だと思う。

(人によって 右翼的記述を我慢する必要はあるが それを超えた読むに価する内容だと思う)   

 

この本を読み進めていくうち 編者「小林よしのり」何ものぞ?

の 思いが・・・・

で 調べてみると なかなかの人物であった!!!

 

| | コメント (1)

2009年9月20日 (日)

夏の家族旅行 その2

約1ヶ月 前のこと

今年の家族旅行は 東へ!

水族館系 2ヶ所

ガラス系観光施設 1ヶ所

でした。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16

| | コメント (0)

いや・・・特に・・・・

0909197

     

    

「なに?!」

0909198

| | コメント (0)

2009年9月19日 (土)

育児

Aka001

赤ちゃんのいる お母さん お父さん

これから赤ちゃんが生まれるお母さん その原因のお父さん

卵グラブ 雛クラブ も 良いですが

この本を お読みになる事を お勧めします。

「育児書」として

| | コメント (0)

2009年9月14日 (月)

筒井康隆バンザイ!

Tutui001 久しぶりの 筒井さん

過去に 読み漁り 文庫本は全て購入して 読んだ!

    

筒井さん ヤッパ良いね!

   

でも 筒井ワールド

嫌いな人は めっちゃんこ 嫌いなんでしょうね。

でも 好きな人にとっては 我家の貯金 たまりません!

私は 後者です。

    

ドラ耳・蛇足とは思いますが

ドタバタの中に 真実があり・・・!

人生において 筒井作品は一度は読んだほうが良いと思います。

嫌いか 好きか 読んでみないと分かりません。

一度読んで 好きであると発覚した人は

今まで 読んでいなかった事を 後悔するでしょう! きっと

筒井康隆 一度お読みになる事を 進めます。  

  

| | コメント (0)

2009年9月 6日 (日)

上高地09

去年に続き 今年も上高地に行ってきました。

8月の16-17日です。(もう半月以上前のこと・・・・)

今年は 家族3人 姉夫婦 義兄の姉とその子 の 7人です。

仕事が殺人的に忙しい今年の夏ですが 楽しい 二日間を過ごせました。

そして 「防水カメラ」

ちょっと 怖くて水につけられませんでしたが

綺麗な水に誘われて ついに水中デビュー

流石に私の顔は水中に入る事を拒否したので

感による撮影ですが・・・・

1 2 3 4 5 6 7 8  

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »