« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月30日 (木)

まにへすと

戦後 この国の政権をにぎってきた 政党の まにへすと

この国の 今の状態を見て 信用できるの?

| | コメント (1)

2009年7月25日 (土)

選挙

衆議院選挙がある。

どの政党が 政権をとるのだろう

戦後この国の政治は ほとんど同じ政党がおこなってきた。

で 今のこの国の状態を良しとするか

だめじゃぁ~~ないの!と思うか

によって 投票すべき政党は 決まると思うのだが

| | コメント (0)

2009年7月20日 (月)

アイドリングストップ!

通勤で通るビルに 毎晩 赤色回転灯をつけた 警察車両が止まっている。

そのビルは インターナショナルの中心である的な名前のついたビルであり、

外国関係の事務所が入居している。

その 保護なのか 監視なのかは 分からないが 毎晩警察車両が警戒している。

(昼中は別の場所に止まっているみたいである)

で この警察車両はワンボックスタイプで 中には おまわりさんが乗っている。

この警察車両 アイドリング状態で止まっている。

緊急発進する体では止まっていない

窓は締め切っている・・・・・ 冬も 夏も

「エアコン?」・・・・「快適空間?」

アイドリングの理由が それに有るとしても そんな事は言わないであろう

公式な理由は「回転灯をつけているため」であろう。

で ほろ酔いかげんに 勇気をもらい その車両いに乗っているおまわりさんに聞いてみた!

流石 市民のために働くおまわりさん 小市民の期待通りの回答が帰ってきた

小市民は 当然それを納得せざるを得ない・・・・・・

しかし、ビルから電気を引っ張ってこれば 回転灯をまわす事は可能なはず。

毎日の事 それぐらいの事は 可能であると 思うのだが・・・・・・

「地球環境保護」 真剣に考えないといけないんじゃないの?

それともやっぱり「エアコン?」

こお言うのを ゲスノ勘ぐり ってんですね きっと    

| | コメント (1)

2009年7月19日 (日)

いじめ2

Izime002 新書でもないし 文庫でもない。

普段はめったに買わない。

電車内読書の私にとって 大きなサイズの本は扱いにくい

それに 値段が高い!

でも 著者をココまでにした 生い立ちが知りたくて 購入を決意した。

前書きに曰く

2001年「いじめの社会理論」を出版し、ある程度の反響を得たので いじめは改善されると思ったが まったくその気配がない事から この本と「いじめの構造」を出す事を決めたそうである。

「いじめの社会理論」は難しい表現の「学術書」であることから広く彼の考えを広めため、高校生・中学生でも読めるこの本、大学入試で国語の試験に合格する程度の人を対象とした「いじめの構造」を出す事を決めたそうである。

それで納得!私には「いじめの構造」を読む力がなかったのである。

私の大学受験科目に国語はなかった・・・・・

でこの本は すらすらと読む事ができた。

いじめに関して興味のある人

子供を持つ親

これから子供を持とうとする人

是非とも 読んで欲しい本だと思う。

そうそう 教師・教育関係者は 必読の書だと思うが

で この本では物足らない人は「いじめの構造」へと進む事をお勧めします。

で 私には読む力がないであろう事から、「いじめの社会理論」はあきらめました。

 

| | コメント (0)

いじめ

Izime001 内容は何とか分かるが・・・

文章が難しい

流石 東京生まれ 東大出

と思って 何とか最後まで 読んだ? 目を通した?

が 東京生まれ 東大出としては ちょっと変だ?

あまりにも 極端すぎる内容

言っていることは 正しいと思うし

そこまでしないと いじめはなくならないと 思う。

で インターネットで著者を調べてみると

なな なんと 「東郷高校」中退・・・・・・・・

うぅ~~~ん 納得

で より興味がわいて色々調べてみると 自叙伝的な本があることを知り 購入を決意する。

で 内容を簡単に言うと

「暴力」に対して警察の介入

学校に登校することが義務教育では無く 最低限の知識を習得することが義務教育システムの構築

「中間集団全体主義」  

| | コメント (0)

南?北?

大きなひまわり!

ひまわりの花は どちら向き?

我家のひまわりは 私に似て へそまがり

北を向いて 咲いています。

Hima1

Hima2

| | コメント (2)

2009年7月 9日 (木)

短・短

或る日 K氏は 痴漢に 間違われた

K氏は女性に対し

「確かにあなたは魅力的です。

 触れてみたいと思います。

 しかし  申し訳ないが その魅力は

 妻子・社会的地位を 捨てるほどの 価値はない。

 でも、私にとって 数千円の価値はありますが・・・

 あしからず。」

これはフィクションです。

| | コメント (0)

2009年7月 7日 (火)

緑のカーテン

「緑のカーテン」 だそうです!?

開けたところ?

Photo

| | コメント (2)

2009年7月 4日 (土)

よぁ~~~~分からん!

はいれました!!

なぜ?

私にとって いつまで たっても ブラックボックスである

コンピューターは・・・・・・

付き合わなくって済むなら

付き合いたくないが

諸般の事情から 付き合わなければならない・・・・

人間でも いますけどね

そんな人

| | コメント (1)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »