« ついにその時が・・・ | トップページ | 仮にも・・・・ »

2009年2月27日 (金)

人間の覚悟

・低賃金で働かされる者とそれによって法外な利益を得る資本家・・・・・・マルクスの予言が見事に的中してしまった

・国や政府、マスコミが揃って言うことなど信用できない。

・命そのものが最も「安い」時代

・いつの時代でも人間の世に格差はついてまわります。しかし、現代においてはそれが固定化し、世襲化されていくことが問題なのです。

・富裕層と貧困層のあいだにいた分厚い中間層が減りつつあるという感じがする。

・裸足の少年たちの目は、貧しい暮らしのなかでもキラキラとかがやいていました

・国民のシンボルである皇室でさえ、いまは残念なことに、なんとなく暗くてもの寂しい気がします。

・サブプライムローンは、天才的な詐欺です。それが悪質なのは、最終的な尻ぬぐいを公的資金、つまり国民の税金でやらせることになる点です。

・五十歳をすぎたら一度人生をふりかえり・・・・・自分のために働くのはやめて、無償で人のためになることをする。それが「林住期」

・明治のはじめに長く日本に滞在し、質素、勤勉、清潔、礼儀など、当時の日本人が伝統的に備えていた高い道徳規範を讃えた外国人たちは数多くいます。

・携帯電話やパソコンで、毎日膨大な数字量を交換しているのに、どんどん人のつながりがうすまっていく状態

・「無財の七施」

・すごいミニスカートを見たら、それもお布施だな

・戦後六十年を振り返ってみても最悪の時代が、これから「来るぞ、来るぞ」ではなく、今「来てしまった」のです。

「覚悟」しないといけないのか・・・・

でも

「覚悟」したくない・・・・・・

|

« ついにその時が・・・ | トップページ | 仮にも・・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ついにその時が・・・ | トップページ | 仮にも・・・・ »