« 流石! | トップページ | うっとおしい!-2 »

2009年1月12日 (月)

親子

001_2 息子が父親を殺す。

憎いわけでは無く

現状を変える為に・・・

親子とは何だろう?

家族とはなんだろう

身内・親戚とはなんだろ

近所づきあいとは何だろう・・・

それぞれの中での関係が 人間が社会生活する上で重要な要素をにぎっている。

では どうすべきなのが・・・・・

個人的には 勝手に こたえをもっているのだが・・・・

それで良いのか

なんて 考えている目に 飛び込んだのが この本

・法が理想とする家族像

・強力な軍事力を保持できるようにするためにも、「家族」は必要だ。

・家族の関係が濃すぎて、家族以外の他人に解決を求める、といった発想が生まれる余地がなかった

・「経済的自立」と「ひとりでいられる心の強さ」

・子どもを自立させるには、親の側から何らかのプレッシャーを与えることが必要である。

・今の親たちがわが子を突き放すには、血のにじむような努力や我慢が必要

・「ギリギリ」のラインの見極め

 

|

« 流石! | トップページ | うっとおしい!-2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 流石! | トップページ | うっとおしい!-2 »