« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月25日 (土)

振るな!

たたんだ傘を 水平に持って 振るな!

こんな 人 見かけますよね。

後ろにいると 刺されそう。

他人のことを考えられない

周りに気が使えない やつ

絶対にこんなやるとは 仲良くなれない!

「お願ぁ~~~~い

 他の奴が振ったかさに刺さって

 死んでぇ~~~~」 

| | コメント (0)

美徳

Sakurai001 ・ものから自由でいること

・小金持ちのプチ成金

・清潔でこざっぱりした身なり

・ものを大切にしながら、ものから自由でいる

・「看取り」(みとり)

・きちんと判断をし、見分ける能力

・権利の裏には責任あり、自由の裏には義務がある

・小泉さんが行った改革は、「日本的なものをもっとそぎ落としていく」ということでした。

・恥を不名誉とする美徳

・和を以って貴しと為す

コメントが書けないのは、あるテーマに関して櫻井さんの考えに疑問を感じるからかな?

この本には、その件に関しては直接書いてないのでよく分かりませんが

まは、それ以外は 共感しました。

元気で 立派な お姉さん って 感じです。

後ろ向きな私にとって 一番の教訓は

「何事も前向きに取り組む事」 かな

| | コメント (0)

2008年10月18日 (土)

原子力

Gennsiryoku_001_2 原爆 絶対反対!

戦争 絶対反対!

の私は 原子力(発電) 絶対反対!

だった・・・・・・・

(アトムって動力源は原子力だっけ?)

今までなら読まない本だが

「環境」の単語 

「敵を知る」反対するにも知らないといけない

と 思って 読んでみた。

結果 「だった」 である。

今 地球を救えるのは 原子力かも 知れないと思った。

「原子力」だけで良いわけではないが

きっと 電気のない生活は出来ないであろう。

飢えで命を失う人が多くいる地球で 食料から燃料を作るなどと ばかげた話が出る世の中

原子力も良いのかな? と 思うようになった。

原子力を安全に使うのも 危険なものにするのも 人間である。

きっと 問題は 「原子力」ではなく 「人間」なんであろう。

「戦争」から「絶対反対」の文字をとる 納得のいく理由は いまだに見つからない。

| | コメント (2)

キレる!

Kayamari001 私は よく頭に来る!

しょっちゅう キレそうになるが 何とか 理性でとどめている。

(理性があったのだ!)

で 興味があったので 読んでみた。

キーワード

・じっくり教える事もなく

・アーサーティブネス-アメリカの黒人差別

・アメリカ=ビジネス大国「勝ち組」の国

・リスクの増加や不平等をもたらす新自由主義と小泉改革路線を、歓呼の声とともに選択した結果

・ゆがんだ平等主義やいびつな正義感

・プチ不平等感、プチ正義感

・自分を棚に上げる

・扁桃体

・キレなければ生き残れない社会

・「いい年をして」「年甲斐のない態度」

・向学心も10代レベルだが、人格の幼さも10代並み

・その年相応に成熟する必要

・お金がいちばん大切、損だけはなんとしてもしたくない

・24時間いつでもおこたえします。

・「白黒はっきり」を求める新自由主義

・「泣ける作品」「爆笑間違いなしの作品」と「深く考えさせる作品」

・政策でなく人柄が良さそう

・グチを聞いてくれる人がいるかどうか

・我慢しない。自分を抑えない。無理して他人に合わせない私

・自己愛

・「先制攻撃」「叩きつぶす」

・「暴走老人」が孤独感にかられ「モンスターマザー」が自己愛にかられてキレる

・労働環境の悪化に伴うストレスの増大

・目指したのはこんな世の中だったのか

・権利-「正当な要求」と「特権」

・自分が好きなことをすることで、犠牲になる人がいると想像すること

・曲がり角がどこだったのか

・「多様性」

・「子供の科学離れ」「理屈より情動」

・「わかりやすく感動的」というのが「科学的」よりも価値が上にされている。

・キレるのはカッコ悪い

・キレなくても、自分の考えを伝え、相手を変えることはできる。「キレるな」と「泣き寝入りせよ」は違う。

昔 「きれる人」は ほめ言葉だった。

頭の回転が速く 正しい判断の出来る人を 「きれる人」とよんでいたのだが・・・

香山リカさん

知的な美人である。

私と ほぼ同年代である。

今の日本社会において 上の世代に対して 下の世代に対して この年代がしっかりものを言わないといけないと思う。また、すべきであると思うが。

頑張れ アラ50! キレずに きれろ!

 

| | コメント (1)

2008年10月13日 (月)

森永卓郎

先に紹介した本のなかに こんな部分がある。

いまの日本が昔に比べて、「品がない国」になってしまったことです。私は思想的には、左側の人間です。ですが、天皇制には反対していません。それどころか、皇族の方々を敬愛しています。(中略)もう一つの理由は、皇族の皆様が例外なく、たいへん上品であられることです。(中略)国民が選んだ総理大臣には品がなく、国民が選べない皇族には品がある。これが、いまの日本の姿なのかもしれません。

「左側の人間です。」と宣言するところが良いですね。

その上で「天皇制に反対していません。」と言えるところが良いですね。

「左」と「天皇」 理解できます。 

皇室に関して、最近は「嫁姑問題」なのか?何問題か知りませんが、某国の王室のように、庶民化(?)され、下品な事が話題になっている事が心配です。

これは 「マスコミ」のせい? 「政府」のせい? 「宮内庁の役人」のせい? それとも「国民」のせい? 

| | コメント (0)

経済

Morinaga001_2 経済って良く分からない。

「お小遣い帳」の経済程度しか分からない。

でも コレが基本だと思うのだが・・・

株だ 投機だ 儲かった 損した の経済は嫌いなので 経済のニュースは見ない 新聞も読まない 当然本も読まない!

「森永卓郎」

TVによく出ている 太ったおじさん って 事は 知っていたが その手の番組は見ない。

で 先日NHKのラジオに出ていた時の話を聞いて まともな人である!と思もった。

即 インターネットで調べると 本当にまともである。

で まず この本を読んでみた。

まともである!

尊敬できる人だ!

同級生である。

東大卒である。(こちらは残念ながら同じではないが・・・・)

そして もやもやしていた「投資家」と「投機家」の違い 分かった(今ごろか?)

| | コメント (0)

2008年10月11日 (土)

ともに生きる

ビジネス街の夜

シャッターの閉まったビルの外で 生活をするおじさん

そのおじさんに 自転車に乗った 同様の生活をしていそうな おじさんが 近づいてきた

二言三言の会話の後 ビルの外のおじさんが 自転車のおじさんに ビール袋に入ったパンを渡した

金銭のやり取りは無く その場での 物物交換はなかった

ビルのおじさんも 基本的には食べ物にも困っているだろうが それを他人に分け与える。

助け合い 共生 ともに生きる 情けは人のためならず

自分の収入増やすためには 他人がどうなっても良い

利益をあげる為には 労働者を利益追求のためにしか見ない 大企業

その片棒を担ぐ 人材派遣会社

金を儲けて 良いものを食べ 良い服を着て 良い車に乗って 良いうちに住んで 偉そうにしている人と

いや

搾取により儲けた金で 高いものを食べ 高い服を着て 高い車に乗って 高いうちに住んで 偉そうにしている人と

ビルのおじさんと

人として立派なのは どっち!

私は路上生活者を擁護するものではありません。

何やってるんだ しっかりせんか!

そんなとこで寝てんじゃないよ!

と思っています。

ただ 言いたいのは

そんな状況にあっても 他人を思いやる気持ちがある人と

有り余る金を持っていても 他人になんて びた一文やるもんか!って人

が いるって事です。

 

 

| | コメント (2)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »