« はるな愛 | トップページ | 或る日の出来事!? »

2008年9月14日 (日)

地球はどうなる?

080914001_2

コメントを時々書いてくれる40年来の友人のブログで知った本。

一冊の本で、前半と後半で タッチがまったく異なる 一度で二度おいしい グリコアーモンドキャラメルの様な本。

地球は 本当に どうなってしまうのでしょう?

自然環境

社会環境

私自身もまだ20年以上は生きたいし

子ども 孫・・・ と考えると地球の将来が心配です。

でも 「チーム-6%」なんて 茶番には参加したくありませんが

本当に 地球の事を考えた 行動をしたいと思います。

本当に 真剣に 地球の将来を心配している人は 是非一読を!

時間の無い人で

科学好きの方は 前半を

社会情勢・政治に興味のある方は 後半を

地球環境を本気で心配している人

この地球で みんな仲良く いつまでも生活したい方は 全編を

お読み下さい。 

この本 薦めの本である事は 間違いないのですが

難点が二つ

「宝島社新書」を置いている本屋さんが少ない いや ほとんど無い!

それと この著者 「アメリカ合衆国」を ほめすぎ 期待しすぎ 愛しすぎ!

|

« はるな愛 | トップページ | 或る日の出来事!? »

コメント

わたしは前半を楽しみました。後半は考えるかめ(さん)の難点その2などでちょっと…。ただ,人口,食糧,エネルギーの問題は確かに深刻だと思います。いままでの延長でものごとを考えていてはいけないと改めて感じました。
なお,「黒人だって大統領候補になる」の「だって」という表現に,ぬぐえきれない偏見を感じるのはわたしだけでしょうか。

投稿: グズてつ | 2008年9月14日 (日) 12時34分

丸山さんにしても 武田さんにしても 環境問題の王道(?)流行(?)に 異論を唱える人は 極端すぎる傾向にあるように思います。
下手をすると うさんくさい・・・・・・・
ここまで 極端にしないと 世間(?) マスコミ(?)に 取り上げられないのだろうか?
しかし 真実はちゃんとあって ウソもある。
いや 色んな現象・真実を 自分の都合の良いものだけ 自分の儲かるものだけを 強調し 他の現象・真実を無視することが 問題である。 

投稿: かめ(さん) | 2008年9月15日 (月) 08時44分

純粋に知的好奇心だけで成り立つ科学は少なくなってきているのかもしれません。科学研究にはお金がかかり,そのためスポンサーが必要になります。貴族の道楽から国家の勢い,経済をさされる技となっているので,科学者の言うことは信用なりません。マスコミはそのことをもっと伝えるべきだと思うのですが,マスコミだって企業広告との絡みもある。だから何も信用ならないとあきらめるのではなく,さまざまな情報の中から,信用に足るものを選び抜く力をつけなくては。

投稿: グズてつ | 2008年9月15日 (月) 11時11分

研究費の為に 受けの良い 研究をする?
やっぱ 「金」ですかね。
この国は まだいろいろな情報が流れているから良いですね。
(でも探さないと 誰かさん達に都合の良い情報しか来ませんが)
色んな情報を知り 自分で判断する事が大事ですね。
色んな情報を入手できても 個人の判断基準・能力が コントロールされていたりして・・・・
くわばら!くわばら!!

投稿: かめ(さん) | 2008年9月15日 (月) 12時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« はるな愛 | トップページ | 或る日の出来事!? »