« 第63回終戦記念日 | トップページ | 北京オリンピック »

2008年8月16日 (土)

環境問題も心の問題

002_2 武田先生である。

三冊目です。

環境問題は武田先生です。

彼が絶対に正しいとは思わ無いが

「大本営」の発表を鵜呑みにしないためには、是非とも参考にしたい、情報です。

で この本 私が読んだ前2冊と比べ 過激で 世間を敵にまわす ところは 変わらないが

話が「人としていかに生きるか」になってきた。

流石! そうなんですよね。 いかに生活するか 生きるかですよね。

『日本人は、かって誠意のある民族でした。何かの罪でお白洲に引き出されたとき、自分が罪を犯したら、「恐れ入りました」と言うのが潔い日本人の態度でしたが、最近では、ヨーロッパ文化の二面性を学び、自分が罪を犯しても容易に認めないようになってしまったのです。』

『リサイクルより、物を大切に使う心を』

『世の中には、貧乏でも美しい心を持ち、自分の力がたとえ十分ではなくても額に汗して働きその範囲で生活する人と、他人のお金を盗み、だまし、裕福な生活をする人とがいます。』

『心が満足すれば人間はそれほど多くの物を必要としません。』

『日本語で呼ばずに英語で呼んでいるものに、ろくなものはありません。(中略)英語で言われると本来の目的や意味があいまいになります。そのわずかな隙を狙って、相手をだまそうとしている人がウソをつくのに英語を使うことが多いからです。』 

『これまで「環境のため」と思ってきた生活を、「人生のため」という生活に切り替えてみてください。その結果として、環境によい生活が自然になるという実感を得てほしいのです。』

以上 抜粋です。

確かに「エコ」「エコロジー」では無く「エコノミー」(経済)になっているように思うのは私だけ?

|

« 第63回終戦記念日 | トップページ | 北京オリンピック »

コメント

この人の本は,ずっと以前に書かれたものを読みました。面白い発想だと思いました。でも,最近話題になってからは読んでいません。大雑把で,ウケねらいが強いような気がしてきて...。

投稿: グズてつ | 2008年8月17日 (日) 09時18分

私も そんな感じが してますが・・・・
しかし 世の中 「ウソのエコ」「金儲けのエコ」が氾濫しているような気がして・・・ 
彼の説・意見・分析に対する 関係者のちゃんとした反論が聞きたいと思いますね。
特に真実(?)客観的事実を報道すべきマスコミは・・・・

投稿: かめ(さん) | 2008年8月18日 (月) 00時18分

環境はかなり複雑な系であるため,どのようにも言えてしまう。そのため,立場が違うと,言うことがまったく異なることも。ただ,煽るような言い方には,どのような意見であっても,なかなか賛同できません。まあ,わたしがへそまがりだからかも。
「疑似科学入門」池内了著(岩波新書)には,武田先生とは違う世界があります。この本は,環境問題の本ではありませんが。

投稿: グズてつ | 2008年8月18日 (月) 23時30分

「へそまがり」
おそらく、私も誰にも負けず、「へそまがり」

投稿: かめ(さん) | 2008年8月19日 (火) 08時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第63回終戦記念日 | トップページ | 北京オリンピック »