« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月30日 (水)

変化!?

Tumaguro

ツマグロヒョウモン

今年 家の周り(愛知県尾張)でよく見かける。

子供の頃は見なかったように思う。

調べてみると 暖かいところのチョウのようです。

それに パンジーが好きなようです。

「パンジー」と「気温の上昇」

生息する 環境・条件が そろったんでしょうね。

環境の変化

変化

良い変化

悪い変化

必要な変化

不必要な変化

※※※※※※※※※※※※※※

綺麗なチョウでは有るのですが

子どもの頃見かけなかったものが飛んでいる光景には

違和感を感じるのは 私だけ?

| | コメント (1)

2008年7月25日 (金)

ポニョ2

頭の中を廻っているものは 仕方ない!

ずぅ~~~~となんだから

で 通りすがりに 平積み されていたら 黙って通り過ぎるわけにはいかない!

なんせ ずーっと 頭の中を廻っているのだから!!

買ってしまった!

で 5曲目「崖の上のポニョ(のぞみちゃんデモ)」が 最高!

買ってよかった。

Ponyo001 Ponyo002

で このおじさん達は誰でしょう~~~~

TVの映画紹介番組で知ったのですが

「え! あの人たち!!?」

知っている人には すごぉ~~~く 懐かしい人たちです。

昔を知らない人にとっては ただのおじさん達!です。

| | コメント (0)

生は良い!

0807252

トウモロコシを生で食べてみた。

甘くておいしい。

ちょっと 青臭いところもあるが

結構ジューシーで おいしかった!

コレも とれたて 無農薬の我家の畑産だから

でも

こんな事にも・・・・・

080725  

コガネムシって トウモロコシを食べるんですね。

まは 自然へのわけまえ 自然使用量 って ところでしょうか。

コガネムシって 贅沢ですね。

 

| | コメント (2)

2008年7月22日 (火)

水商売

水商売の女性 と 結婚できますか?

即答できる人の答えは きっと 「できない!」だと思う。

それも 「絶対」が付きそうである。

まぁ 気持ちは分からんでもない

しかし「水商売」って何? ってことでしょうね。

まぁ「旧トルコ」とか 「濃厚サービスのキャバレー」とか 明らかに・・・・

街角にある スナックのアルバイト

では 仕事の内容に 明らかに 大きな 違いが有り 同じレベルでは考えられないと思います。

まぁ 街角のスナックで働く事と ファミレスで働く事との 違いが無くなってきていますよね。

きっと 働いている女の子にとって

極端な話 ファミレスで働くより 楽で 高収入で きっと「おいしい」仕事である。

まぁやっぱ 水商売にしても その内容だね。

って 既婚・子持ちの 私には 関係の無い話であるが・・・・・

ちょと 気になる事があって

でも

本当に大事な事は どんな職業でも その子(人)の性格しだいですよね。

親の借金を返すために 心優しい子が 仕方なく そんな仕事をしているのかも分からないし

街角のスナックでも 自分の遊ぶお金ほしさに 働いている子もいるでしょうし その上 お客さんと 遊び(?)まくっているかも分からないし・・・

まあ どんな仕事にしても「その子」しだいだし

また 自分が どこまで許せるか ですよね。

まぁ 学校の先生とか 教育委員とか 世間からは立派な人(立派な職業の人)とされている人でも 裏で何をしているか 分からない 世の中だからね。

既婚子持ちの 私には 関係ない話ですが・・・・

良い相手がなかなか見つからない 未婚男性へのメッセージです。

って 誰?

     

| | コメント (2)

ポニョポニョ

ポ~ニョ ポニョ ポニョ 魚のこ

が 頭の中を 廻っている。

だいぶ前に ラジオで聞いてから 頭の中を廻りっぱなし!

日本中 そんな 人が多いのであろう!

で CDでも買ってこようかなあぁ~~~

で ポニョは赤くて丸いので 金魚(流金)かと 思っていたが 海にいるから金魚じゃぁ~ 無いんだね。 

 

| | コメント (0)

2008年7月14日 (月)

蟹工船 二

「蟹工船」

読むに価する! 失礼

読むべき本だと思います。

余談ですが 「マンガ蟹工船」も有ります。

原作を読んでから読むことをお勧めします。

まずは 原作から 自分なりにイメージした方が良いと思います。

マンガから入ると イメージがかたまってしまいます。

原作による私のイメージは マンガより 悲惨でした。

(マンガ版は インターネットでも公開されています。)

労働問題をキーワードに 今の日本を考える上で 読むべき本は

「ルポ 貧困大国アメリカ」 堤未果

「反貧困」 湯浅真

と 「蟹工船」 だと思います。

「蟹工船」を読んで 今の日本 近年変化しつつある日本に 当てはまる所が多々あります。例えば

P34 「蟹工船は『工船』(工場船)であって、『航船』ではない。だから航海法は適用されない。 中略   蟹工船は純然たる『工場』だった。然し工場法の適用もうけていない。それで、これ位都合のいい、勝手に出来るところはなかった。」

「法令遵守」 法に触れなければ なにをしても良いの?

P35 「利口な重役はこの仕事を『日本帝国のため』と結びつけてしまった。」

「国際競争力」をつけるため!

今の日本に結びつくところが多い事には ぞっとする。

「先の戦争前のお話」が今の日本と似ているって事は 戦前に逆行している、戻ろうとしているって 事でしょうか? 

| | コメント (2)

蟹工船

1001 「蟹工船」

小林多喜二 である。

知ってはいたが 文学青年でなかった 私は 読んだことがなかった!

さぁ~ 読むぞ!

と 文字の上に目を走らせるが・・・・・・・

走らない

歩けない

進めない・・・・・・・・・

冷や汗たらぁ~~り!

読む本といえば「新書本」ばかりで 文学小説を読まない私にとっては

なれない文章 それも 昔の話

どうしよう?

と 思ったが 引き返すわけには いかない!

3歩進んで 2歩下がり

いや

5歩進んで 4歩下がりながら ページを進める。

ゆっくりながらも 10ページも進めると どうにか こおにか コツが分かった。

続く

| | コメント (0)

2008年7月 9日 (水)

食料自給率

食料自給率

平成18年度は39%です。

今 外国から食料が輸入できなくなったら 60%の食べ物がなくなります!

恐ろしや! くわばら くわばら!

で 自給率の低い原因は?

日本における農業生産量が少ないから!

って これは 当たり前です。

なぜ 生産量が少なくなったのか?

昭和40年(40年前)には 73%でした。

国の農業政策の失敗!であるのは間違いの無い事だと思います。

営農者(お百姓さん)の やる気のおきる 農業政策を行ってないって事だと思います。

しかし 私はもう一つ大きな原因が有ると思います。

それは 食料品の輸入を進めてきた企業に有る思います。

安ければ売れる

売れるから安い食料(家畜用飼料・加工品を含む)を輸入する!

結果 食料自給率が下がる。

まぁ 安いからって それを買う 国民にも原因はあるんですけど。

でも輸入さえされなければ買えない。

きっと輸入企業「国民の為に 安い食料を探して 世界中から輸入している。感謝される事はあっても 批判される事はない!」と言うだろうが

きれいごとを言っても 企業の最大の目的は 利潤の追求 金儲け である。

っと 思うよ 私は・・・・

安い食料品の輸入は本当に国民のためになっているのだろうか?

実に疑問な所である。

ちなみに 食料自給率には一般的に以下の3種類があります。

・おもさで計算

・カロリーで計算

・生産額で計算

今 普通に使われるのは カロリー計算です。

39%もカロリーによるものです。

| | コメント (1)

2008年7月 7日 (月)

温暖化防止

「私の排出量を規制するより、これからのCO2の排出量は これから発展(?)する国の方がが 多いのだから 私より そのような国を 規制すべきである。」

って 発展(?)しきった国が  今まで散々排出してきた国が 言っている。

そんな意見が通るようなら この星も終わりである。 

| | コメント (0)

真面目に働く

真面目に働けば 人並みの生活は出来る。

真面目に働きさえすれば

なんて 少し前は 考えていた。 感じていた。

しかし 今は 思えない。 感じられない。

人並みの生活で良い!!

金持ちじゃぁ無くっても セレブ(?)でなくても

人並み良い。!!

真面目に働く人 うわまえ  はねて 自分だけ 金持ちになろう と 思う人が増えてきたのか?

そんな 社会になったのか? 国になったのか?

それが 米国化?! 新自由主義??!! 

| | コメント (2)

2008年7月 2日 (水)

月初めの

月初めの 恒例行事 ガソリン値上げ

月末の 恒例行事 ガソリンスタンドの行列

その影響で 交通渋滞!

自営業の私は 月の最終日の夜に お参りに行く。

で 渋滞に出くわす!

値上がりの原因は 先物取引 投資目的

以外には 考えられない 値上がりである。

長い間(30年間ぐらい?)価格が安定していたように思うが・・・・

競争社会! 自分だけ儲ければ良い!

勝ち組! 勝ち組!! ってかぁ~? 

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »