« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月31日 (土)

貧困シリーズ?

0805001_2 またも「貧困」で申し訳ありません。

経済的「貧」である私には、気になるテーマである。

まだ「困」にはおちいっていないので、今のうちに何とかしないと と思う。

「経済的」な「貧」に対しての基準・感覚は人によって違うだろう。

私の場合経済的「貧」は、何とか人間として最低限の生活が出来る範囲であり、「経済」の「貧」を補って余るだけの他の「富」を持っているから 心配しながらも 楽しい生活が送れる。

コレが最低限の生活を維持するだけの「経済力」が無くなった時「貧困」となるのであろう。

また、最低限の経済力が有っても 他の「富」が無くなった時も「貧困」となるのだと思う。

この 「反貧困」 心ある人必読書であると思う。

また この国において 心ある人間として 生きていくために 今 読むべき本であるように思う。

内容は 時間が有ったらまた次回でも・・・・・・・・

| | コメント (3)

2008年5月26日 (月)

中日新聞「結いの心」

中日新聞連載の「結いの心」は トヨタをとりあげた特集であるが、

トヨタに限った事ではない。

日本の企業全てに言えることであると思う。

いや 企業に限った事ではないのでは・・・・・

日本人の心に関することのように思う。

「仕事」って何? その目的は?

利益を上げること?

利益って何?

何のために仕事をするの?

国際競争力って何?

何のために 勝の?

勝利って何?

この国のいろんなものを犠牲にして 確保すべき国際競争力って何?

企業(それも一部の企業)が国際競争に勝利したとしても その時この国はどうなっているの?

この国の 全てが おかしな方向に突き進んでいるように思うのは 私だけ? 

| | コメント (1)

海-エリカカップ2008

エリカカップ2008に友人のヨットで参加しました。

前日夕方にマリーナに行き 船中泊(前夜祭付き)での参加です。

前日から当日明け方まで 大変な雨でしたが レースが始まると 雨もやみ 楽しいレースとなりました。

レースが終わり ヨットハーバーに帰るまで 舵をとりました。

久しぶりの船の運転で 楽しい思い出が出来ました。

早くも来年が 楽しみです。

Erika

| | コメント (0)

山-上高地2

上高地の風景

Kami1_2

Kami2 

Kami3 Kami11 Kami12

Kami13_4 Kami14 Kami15 Kami16 Kami17 Sinnmeibasi Tokusawahe

| | コメント (8)

山-上高地

上高地に行ってきました。

大正池から梓川を上り徳沢までの往復を一泊二日で歩いてきました。

一般的な観光地は大正池から明神橋(明神池)まで それより上流はほとんど人が居ませんでした。

Kamimap_4

徳沢の「徳澤園」で泊まりました。

Tokusawaen_3

ニリンソウが満開で綺麗でした。

Nirinn1_3 Nirinnsou2_2

カッパ橋は、観光バスの駐車場もあり 人出も多く 観光地!ですが

それ以外は 人も少なく また 私たち以外に誰も居ない林間コースもあり 正に上高地の自然を満喫した二日間でした。

Hana1 Hana2

Hana3 Hana4

Hana5_3  

| | コメント (0)

2008年5月17日 (土)

報道の自由

「報道の自由」

「真実を誰にも規制されること無く伝える事」

物の見方は その人その人の立場によって異なるが

一方に偏らず 両方の立場での情報が 自由に入手できることが大事である。

それが マスコミであり 報道の 責務であり 存在意義である。

また 庶民・市民・国民の権利である。

そうでないと 適切な判断が出来ない。

(その場合 受け取り側の能力・判断力が問われるが)

それが阻害され 国民が一団となって 一方向に突き進んだ最近の例が 「大本営発表」がある。

で 「中日新聞」が「結いの心」と題して 特集・連載して記事についてである。

トヨタの経営方針

下請け・孫請け・ひ孫請け・・・・・・との関わり方

等々 トヨタ批判的な内容である。

新自由主義

国際競争力

の名の下に 行われている経営内容についての特集である。

「トヨタ」のお膝元で 地元超有名大新聞である「中日新聞」の この記事を読んで まだまだ報道の自由は 死んでいない事を感じ 喜びであり 敬意を表したい!

| | コメント (0)

2008年5月10日 (土)

親の背中

子どもは親の背中を見て育つ

いくら 子どもに注意しても 親がしっかりしていないと 子どもは何もいう事を聞かない。

「大人は良いの!」は 絶対通用しない。

子どもを10叱るより 親の1の実行である。

親は大変である。

親といえども 神様でもないので いろいろ失敗もする。

その時の子どもにたいする 接し方が大事である。

悪い事は ちゃんと あやまる事が大事である。

難しい事では有るが・・・・・

子育ては 大変である。

社会においては 子どもは 大人を見て育つ。

大人は 子どもに対して 恥ずかしくない行動をしているだろうか?

| | コメント (0)

メーデー

メーデー

知っているのは 現在50代以上の人だろうか?

日本においてメーデーは消滅してしまった・・・

近年 労働者の権利は侵されている

それは 国の企業・労働(者)に対する方針の変化  労働に関する制度の改悪 によるものであるが

それを 許した 容認した 国民・労働者に 問題があるのでは。

労働組合・労働者の団結により勝ち得た(特に先の大戦以後)労働者の権利・地位を失ってしまった。

労働者が労働者である事の 「自覚」 「誇り」 を!

ほとんどの国民が 労働者 労働者階級である。

そして この国を支えているのは 労働者である事の 再認識を!

今こそ 労働組合の復活! メーデーの復活を!

しないと 大変なことになるような気がするのは私だけ・・・・・・

| | コメント (0)

2008年5月 7日 (水)

GWあけ

GWが終わって

仕事がしたくないのは 私だけ?

GWといえば 5月1日何の日?

仕事は休みでしたか?

何をしましたか?

労働者(私もですが)の皆様!

| | コメント (0)

2008年5月 2日 (金)

ガソリンスタンド!

30日のガソリンスタンドは 待たされる客で殺気立っていた様である。

怒る気は 良く分かる

気の短い私も きっと いらいらするであろう。

だが しかし

怒りの向け先は ガソリンスタンド及びガソリンスタンドの従業員ではないであろう。

本当の 怒りの向け先 を 間違えないようにしないと・・・・ 

| | コメント (0)

2008年5月 1日 (木)

ガソリン値上げ渋滞

昨夜(4月30日PM6:00~8:00)車で外出した。

どこのガソリンスタンドも 値上がり前のガソリンを給油するための 車が並んでいた。

そもそも ガソリンスタンドは 給油待ちをする車のスペースを考えていない。

当然 給油待ちの車は道路に並ぶ

それによって 道路は渋滞!

まぁ 30円も上がるのは大きい 気持ちは良く分かる。

皆さん 我慢強く待つんですね。

皆さん根気がある。

努力家ばかりであり。

しかし その熱意を 選挙にも活かせば

世の中 何か変わる気がするが・・・・

いつも 投票率は 低い

| | コメント (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »