« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月28日 (金)

ビール瓶で殴っちゃいかんでしょう!

いくらなんでも ビール瓶で殴っちゃ いかんでしょう

それは 暴行以外の何ものでもない

厳しい格闘技の世界

厳しい稽古は当然ですが

体罰に近い 稽古もあるとは思いますが

ビール瓶で殴るは・・・・ねぇ~~

相撲の世界で ビール瓶攻撃に対する 稽古はいらないでしょお~~

プロレスなら あるかも分からないが

これは 間違いなく 集団暴行の上の 殺人!

それ以外に無い

コレが許されたら 相撲の将来は無いでしょう。

 

| | コメント (2)

2007年9月25日 (火)

フラダンス

姪っ子(20代既婚)が 趣味でやっている フラダンス教室の 発表会に行ってきました。

幼稚園児から70歳以上?と思しきお姉さんまで 総勢100以上の発表会でした。

各教室別の発表のようでした。

ステージに上がるクループの年齢構成も色々

バラエティーに富んだ発表で 約2時間楽しく観られました。

(途中短時間の仮眠を含む)

で 姪っ子のような女性のフラダンスも楽しかったですが

もっと 楽しかったのは 両端の年齢のお嬢様

就学前と思しき子は 大変可愛く観させていただきました。

それから その反対側のお嬢さん

派手な衣装も さほど(?)違和感無く(??) 着こなし 元気に踊っていました

でも 他人に合わせることなく わが道を行く方も ちらほら コレはコレで 微笑ましく 観させていただきました。

いつまでも お元気で 

注:フラダンスは、腰みのに椰子の実ブラジャーで踊るダンスとは異なりますので。  

Hurahura  

| | コメント (0)

2007年9月24日 (月)

つま恋2006から一年

つま恋2006 から 1年がたちました。

(2006年9月23日だから 正式には昨日ですけどね)

早いものですね。

この間 拓郎さんを再認識し

他人の車を運転し 遠出をした時 拓郎さんのCD・MDが無く 気が狂いそうになったり

CDを新たに買ったり

行き付けの美容院のマスターから 昔のDVD・CDをいただき 観・聞きまくったり

つま恋に一緒に行った友人の娘さん(中学生)に拓郎さんのCDをプレゼントし

娘さんだけでなく お母さんにも 喜ばれたり

カラオケでは 拓郎さんの歌を 熱唱したり

頭の中の多くの部分を

大好きなアーティストであり 人生の手本となる先輩である

「吉田拓郎」

頭の中の多くの部分を占めた 一年でした。

| | コメント (0)

同じ穴の

総裁決定 = 総理大臣決定

どちらにしろ 政党内の争い 政党内の話

誰がなっても たいした違いは無い。

五十歩 百歩

同じ穴のムジナ

目くそ鼻くそ?

提灯に釣鐘 (コレは違う)

月とすっぽん(コレも違う)

月に雁(??)

見返り美人(?????)

各個人個人の社会的立場により 支持する政党は 違うはず

自分が支持する政党の総裁選なら 意味はあるが

そうでない 私には 誰がなっても 同じである。

しかし この国には 現在の政権政党の目指す社会と

自分の社会的立場 利害が一致する人が 過半数以上いるとは思えないのだが・・・

将来 そうなろうと思っているのだろうか?

そのためには 「勝ち組」となることが必要であり

勝ち組になるには「負け組」が必要になる。

まぁ 何にしろ 犬の遠吠え

ぼやき だな

| | コメント (0)

2007年9月21日 (金)

外郭団体

「外郭団体」といわれる 法人がある。

官公庁、いわゆるお役所の仕事を 役所に代わってするところである。

役所に代わってするのは「民間の法人」いわゆる「会社」もあるが、こちらではない方である。

一般的に 天下り先になることが多いのだが・・・・

公務員の 定年後の 働き先(働いていない場合も多いが)、収入源としての役割を果たしているものもあるようだが・・・

本題

昔は 「お役所」の「お役人様」は お客さんである 国民・県民・市民に対し

大柄で サービスが悪かった。

しかし ここ何十年かの間に サービスがよくなってきた

出雲市の岩国市長が 推奨していた 「市役所はサービス業である」(表現はしっかり覚えていませんが 内容はこんなこと 失礼)と サービス向上に努めていた。

今 「総務省統計局」に電話をした。

大変親切な 対応で 気持ち良い。

そこで教えられた「外郭団体」に電話した

態度が 大柄で つけんドンで めんどくさそう

おっと コレは今は少なくなり 絶滅が危惧されている 昔のお役人様!!!

で いま サービスが悪く 一番態度がよくないのは 「公」でもなく 「民」でもない

その中間にある「団体」でありような気がする。

こんなもの なくせば良いのに!

(中には良い人もいるのだろうが・・)

 

| | コメント (0)

2007年9月17日 (月)

カラオケ!?

久しぶりに カラオケに行った。

ひょっとして 今年初めて???

カラオケBOX それも最新版!!

すごいですね最近のカラオケは

曲数が すぅごっく多い!

LPの曲がほとんど有る。

LPを買うほどの ファンしか知らない曲もある。

「ペニーレインでバーボン」を歌ってみた

初めての挑戦である。

やぁ~~~~ 歌ってみて ビックリ

拓郎さんの曲は 早口言葉的なものが多いが

ペニーレインは その際たるもの!!

歌詞についていくのが 精一杯である。

恐るべし 吉田拓郎!

で 問題の歌詞は ちゃんと 「サジキ」に なっていました。

酸欠になりながら 一応最後まで歌いきりました。

Karaoke

| | コメント (0)

2007年9月13日 (木)

団塊の世代

団塊の世代

戦後生まれた人達

私は団塊の世代の一つ下の世代である。

今の日本社会を作ったのは 彼らではないかと思う。

良いのか 悪いのか?

戦後という新しい社会に生まれ 自由に生き

新しい時代に育ち 大学生時代 社会の矛盾を感じ

社会は変えられると信じ 学生運動を・・・

しかし 厚い壁に阻まれ 敗北し 挫折した

その後 彼らは 何を求めて生きてきたのか?

 

| | コメント (0)

2007年9月12日 (水)

カッコ悪い

人間 カッコよく 生きたい

「巡業をサボって 母国で親善サッカー」

自分が 正しいと思ったら 正々堂々と 言えば良い!

その上で どうしていけないかを 話し合えば良い

マンションに引きこもる必要も無いし

母国に逃げることも無い

実に みっともない カッコ悪い!

「約束してきちゃったから 政治生命をかけて 議会にかける」

なのに 何故 結論が出る前にやめるの?

結果はどうあれ 信念は貫いたら 良いのに

信念どおりに行けば 胸を張って続ければ良い

負ければ 潔く辞めるだけ

今やめるなんて

美しくない カッコ悪い!

男たるもの カッコよく生きたい!

カッコいいの 基準が変わったのか?

子供の教育上よくない!

| | コメント (1)

辞任

「ママぁ~~

 ママは 僕ちゃんは悪くない 周りの皆が悪いんだから

 僕ちゃんは やめなくても 良いのよ!

 って 言ってたけど

 でも 僕ちゃん もう疲れちゃったよぉ~~

 やめちゃぁ~~~ダメぇ~~~」

て 言ったとか? 言わないとか??

でも 何で 今?

法案が 通らなかったらやめるんじゃぁ~~無かったの?

やめるなら その時で 良いでしょう!

けんか売っといて 勝手に やめちゃうって 何?

体の具合が悪いって?

会見の顔 元気そうだったけどなぁ~~

何処かの横綱さんも そうだったけど

何一つ 美しくない総理大臣 だったと 思うのは 私だけ?  

| | コメント (1)

2007年9月10日 (月)

テロ特措法

テロ特措法

外国に対して公約をしたので 何が何でも 国会を通さなければいけない!!

コレって 順番が違う んじゃ~~無い。

安部さんの考えかなのか

政党の考えか分かりませんが

国民の意思はどこに?

海外で公約をしたから

それを理由に国会を通そうなんて ちょっとおかしい話だと 思うのだが。

「海外で約束してきちゃったから お願い 認めて」

なんて 変

どうなるか 分からないが 国会で可決されなかったら

本人が言ってる通り

そんな勝ったな事をした責任をとって辞めれば良い話でしょ

 

 

| | コメント (2)

礼服

日本で社会生活を営む大人の必需品

礼服

男の場合 一般的に 黒のダブル

二日連続で 着た。

1日目は少し前から予定されていたこと

2日目は突然やってきた

おっ様のお経を聞きながら思ったこと

最近 礼服を楽しい機会で着ることが ほとんど無い!

20歳代後半から30年歳代は 結婚式で着る機会が 多かった

しかし 40歳代になってからは 悲しい機会で 着ることが ほとんどになってしまった。

寂しいことである。

| | コメント (4)

2007年9月 1日 (土)

朝青龍

「朝青龍」問題

病気なら 最適な治療をすべきである

それが 帰国であれば それは当然である。 

しかし

精神の病って よくわかんないですね。

医者にも分からない 本人も分からない

わたしも ノイローゼではと 思うことがある。

しかし 生活があるので 病んで 静養する 暇は無い

私は 正常だと タダの悩み事だと 自分に言い聞かせ 勇気付けて 生活していくより仕方が無い。

「横綱」ともなれば 一般人には分からない 色んな事は有ると思うが・・・

しかし「国技」の最高位をもつものとして そんなことは 当然のことである。

いやなら「横綱」をやめれば良い!

まぁ それは それとして

一番の問題は

仮病を使って

大事な役目をサボって

サカーをしていたこと

である。

この件に関しては いくら精神状態がおかしくても(その時点は正常だったんでしょ)きちっと謝罪すべきである。

その上での 静養である と思う。

本当に病気であれば 治療・静養は必要である。

しかし 今後 謝罪が無いのであれば

協会も 相撲を国技とする 日本国民も バカにされたものである。

(あっ! そお言えば この国の政治家さんも 都合の悪いことがあると 入院って事が よくありましたね。 って事は 正しく日本人!?)

   

| | コメント (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »