« 市議会議員選挙 | トップページ | 公的懸賞金 »

2007年4月25日 (水)

全国学力テスト

全国学力テストが行われた。

(採点・集計作業をするのは民間2企業。儲かりますね。)

我が娘は小6

小牧市以外の公立小学校に通っているので 当然 参加した。

参加前の彼女の意見は

「良いじゃない 自分が全国で何番目かが分かるなんて 楽しいじゃない」

だった

流石我が娘 子供らしい(?)無邪気な見解である。

テストの感想は

「答案用紙に空いてる部分が多くて 紙がもったいない。

なんで あんなに空いてるの? 意味があるの? 環境にやさしくないよね 」

であった

新聞の写真を見ると 確かに 解答用紙 問題用紙共 白い部分が多い

たしかに 『もったいない』

流石我が娘 目の付け所が良い!!

子が子なら 親も親である。

で テストは出来たのだろうか?

ところで この『もったいない』空白は 何のため?  

|

« 市議会議員選挙 | トップページ | 公的懸賞金 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 市議会議員選挙 | トップページ | 公的懸賞金 »