« ぼやき | トップページ | 親の面倒を見る »

2007年3月 5日 (月)

話せば分かる2

やっと電話はかかってこなくなった

もう かかってこない事を 願っていたのだが

願は届かず 夜また電話があった

そこでも 切ても 切ってもかけてくる。

向うの話を聞かず「用事が無いので切ります」と言って切っていたのだが

あきらめ無いので 仕方なく 相手の話すことを聞いてみた

ここで補足説明だが

そもそも かみさんにかって来た電話であり 個人名しか言わず ちゃんと用件を言わない相手には 取り次がないことにしている。今回もそのケースである。

「用件をいえない相手には 電話をつなげない」と改めて告げると

予想もしない 耳を疑う 言葉が返ってきた

「何々さん(私の苗字) ○○市○○町○○の○○(我が家の住所)あてに 上寿司を10人前注文しましょうかね。」

この言葉に驚き また 私の常識・良識の範囲を はるかに超えている相手であり これ以上こじれると どんなことになるか分からないと思い かみさんに受話器を渡し 丁重にお断りし 何とか終わったのだが・・・・・

これは 明らかに脅迫であり 話しても分からない相手である。

ここで 私は人間として こんなやからと同じ人間として 犬さんにあやまらなければならない。

言葉は分かっても 話が通じない 言葉を悪用する 人間から比べれば 言葉は通じなくても きっと心では通じ合えるあなたを 「話が通じないから怖い」なんて言っていたことを

しかし この国の人間は どうなって しまったのだろうか?

  

|

« ぼやき | トップページ | 親の面倒を見る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ぼやき | トップページ | 親の面倒を見る »