« 真珠湾攻撃 | トップページ | 本当に住みたい住宅 »

2006年12月14日 (木)

ホワイトカラーエグゼンプション

片仮名表記はこれで良いか?

なんて 話が持ち上がっている。

労働に対する正当な 評価のための 労働基準法の改正ならよいが

いかにも 経営者側に都合の良い改正のような気がしてならない。

営業マン・工場労働者などは 売り上げ・出来た製品の数等で 比較的簡単に評価できるが

そおでない業種は 正当な評価は難しいことである。

仕事が出来ない人 出来る人は 確かにいる

しかし それを的確に評価できない上司・管理職が 多いと思う。

こんな状況の中での 法改正では

最近のこの国の流れだが 企業減税・庶民増税と同じように

企業・労働者には都合がよく 労働者・一般国民には不利な

法改正になるような気がするか

立て万国(万国だっけ?)の労働者~ とどろきわたる・・・・

あなた方のー 権利がー 今まさにー 

国家権力とー 資本家によってー 侵されようとー しているー

なんて あたしがアジっても

労働組合も タダのサークル活動となっている昨今 立たないか?

まぁ 私はホワイトカラーでもなく 家内工業の自営業だから関係ないが・・・

この国は どの方向に向かっているのだろうが・・・

最近の政府自民党の行動は露骨過ぎると思うのだが

昔は まだ 国民の方に目が向いていたような気がするが

自分が儲かれば 他はどうなっても良い的な 利己主義国になってしまうのか?

でも、「ホワイトカラー」と「ブルーカラー」の違いは何だ?

人間均しく労働者であり、あるべきである。

|

« 真珠湾攻撃 | トップページ | 本当に住みたい住宅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 真珠湾攻撃 | トップページ | 本当に住みたい住宅 »