« 過半数 | トップページ | 青島幸男さん他界 »

2006年12月19日 (火)

米朝

最近よく 目・耳にするもの

「米朝」

私は「桂米朝」さんの事かと 思ってしまう。

もう一つの 「米朝」

「核」 をたてに 言いたい放題の要求

完全な脅迫だよね。

個人間であれば 立派な犯罪 ・ してはいけない事 である。

でも 国と国の間では それが 国際協議・交渉となる。

まあ「朝」も「朝」なら もう片方の「米」「米」だから 仕方ないか。

大量破壊兵器が有る! って 他人(ひと)の国に乗り込んで ドンパチをはじめ

あげくの果てには 「有りませんでした。」

でも あなたの国のため 世界のためには 「正しい事」でした・・・・

だから やめませんよ ってな 国だから

しかし 自国の利益にならないとなると とっとと 引き上げる 国ですから。

そんな国と付き合い 協力している「国」は いかがなものか?

独立国として 主体性を持って 行動してほしいと思うのだが・・・

自国に核がないから 話が出来ない

だから 持つべきか? 大国として持っていない事はいかがなものか?

を 議論しましょう! なんて 動きもあるようで・・・・・

何かが 何処かが 違う様な気がするが

 

|

« 過半数 | トップページ | 青島幸男さん他界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 過半数 | トップページ | 青島幸男さん他界 »