« 子供の自殺【わが子】 | トップページ | 京都の子供と最近のペット »

2006年10月23日 (月)

草主人従(そうしゅじんじゅう)

「草主人従」こんな言葉を 聞いたこと有りますか?001_3

私は最近読んだ本で初めて知りました。

その本は

商人道「江戸しぐさ」の知恵袋

越川禮子著

講談社+α新書

です。

以下同書の抜粋です。

加賀千代女の有名な句「朝顔につるべ取られてもらい水」。この句を学校で習ったときは、千代女の朝顔へ寄せる女らしいやさしさがよくあらわれている句だと教えられた記憶がある。

芝三光氏(かめ注記:著者の江戸しぐさの師匠)の話の中で、江戸町衆の解釈は一味違う深い意味のあったことがわかった。江戸に生きる人々は草主人従、自然が主人公で人間が従という思想哲学をもっていたので、それを背景に読み取らなくてはならないという。

「草主人従」「自然が主人公で人間が従」江戸時代も現代も大事な事は普遍だと再確認しました。

他にも現代の日本人が忘れている大事なことが書かれている本です。

「最近 日本って ちょっと変じゃ無い」って 思っている人には 学ぶところ、共感を覚えるところの多い本だと思います。

是非 一読を お勧めします。(ちょっと同じことの繰り返しが多いですが)

|

« 子供の自殺【わが子】 | トップページ | 京都の子供と最近のペット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 子供の自殺【わが子】 | トップページ | 京都の子供と最近のペット »