« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

今度は先生が自殺

今度は高校の校長先生が自殺!

原因は必修科目問題みたいですが。

いくら 流行っているからって

先生が 中学生のまねして 死んでどうするの

死んだって 何の解決にもならない

責任を取ったことにもならない

死者に鞭打つ事はしたくないが

現実逃避 責任放棄 でしかないと思う。

例えば

「教育委員会様 お上様 私の死と交換に 生徒に寛大なおさたを」

なんて 遺書でも有れば まだましだと思うが・・・

生きて 責任を取ることを 大事にしないと

おまけ:自己保身なのか 何を守るためか 分からんが、

     一度認めたことを ちゃんとした根拠も無く

     撤回する 言い訳する 何処かの校長より ましだが     

| | コメント (0)

安藤美姫

安藤美姫 復活!!

世界のトヨタの力か!!??

| | コメント (0)

2006年10月27日 (金)

必修科目未履修

まあ、当然 決まりは守らないとね。

先生が いくら生徒のためといっても 決まりを破っちゃ 生徒にしめしがつかないよね。

世の中 まちがっとる!

もっと 間違っているのは

しわ寄せが すべて生徒にかかってくること

悪いのは 教師であり 教育委員会でしょ

罰を受けるのは 直接悪事に関係無い児童

まさか 休みに補習をして 教師は時間外手当をちゃっかりいただく なって事は無いと思いますが。

でも 以前からやってたって事は すでに卒業した子はどうなる?

卒業資格を剥奪 しなくっちゃ いけないんじゃないの

それが 許されるなら 今の生徒も 特別措置で 受験後 補習するなり レポート提出で いいんじゃないの

教育委員・教師には 長い仕事の一部でも

今年の子 その子にとっては 一生に一回のこと たまたま運が悪かったでは済まないよね

もっと 一人ひとりのことを考えないと それが教育者じゃないの っつうの!!

自分の保身のため 多数の児童のご機嫌をとるがための行為が 一人の子供の命を 奪うことになるんじゃないの!

| | コメント (0)

2006年10月25日 (水)

美しい

「美しい」

何処かの国のえらいさんが 使っているようだが

(あほらしいので本は読んでないので違っていたらごめん)

「美しい」に対する認識が違うと大変なことになる。

お国のためと 死んでいくのを「美しい」と思うのか

死なないで 別の解決策を求めて 生きていくことを「美しい」と考えるのか?

私は わが子のためなら 死ねるような気がする。

これは 「美しい」ことなのか?

等々

「ピンク」自体は美しいが

日本古来の統一のとれた まちなみの中の ピンクの住宅を「美しい」と思うか?

日本に咲いた セイタカアワダチソウの黄色い花を「美しい」と思うのか?

ススキの穂の白い色を「美しい」感じるか?

同じ地域・同じ国・同じ地球に 共同生活をしている以上

「美しい」に対する最低限の共通認識が必要であると思う。

どこかのえらいさんは 何が「美しい」といっているのか?

「美しい」とゆう言葉が「美しい」ので「美しい」を使っているだけなのか?

「美しい」といえば何をやっても「美しい」と納得してもらいると思っているのか?

馬鹿らしいが 本を読むか・・・・

| | コメント (0)

2006年10月24日 (火)

京都の子供と最近のペット

ペットを子供のように可愛がる。

ちょっと 納得しがたいところはあるが まぁいいか。

子供をペットのように扱う。

これは まずいでしょう。

しつけのため(調教のため?)食事をあたえない

あげても 45日に一度 シリアル(コーンフレーク)をあたえるのみ

なんか えさ容器に ペットフードを バラバラと入れる光景がオーバーラップしてしまう。

最近の犬猫はもっと良いペットフードを食べてるぞ!

当然のことではあるが子供はペットではい!!

| | コメント (0)

2006年10月23日 (月)

草主人従(そうしゅじんじゅう)

「草主人従」こんな言葉を 聞いたこと有りますか?001_3

私は最近読んだ本で初めて知りました。

その本は

商人道「江戸しぐさ」の知恵袋

越川禮子著

講談社+α新書

です。

以下同書の抜粋です。

加賀千代女の有名な句「朝顔につるべ取られてもらい水」。この句を学校で習ったときは、千代女の朝顔へ寄せる女らしいやさしさがよくあらわれている句だと教えられた記憶がある。

芝三光氏(かめ注記:著者の江戸しぐさの師匠)の話の中で、江戸町衆の解釈は一味違う深い意味のあったことがわかった。江戸に生きる人々は草主人従、自然が主人公で人間が従という思想哲学をもっていたので、それを背景に読み取らなくてはならないという。

「草主人従」「自然が主人公で人間が従」江戸時代も現代も大事な事は普遍だと再確認しました。

他にも現代の日本人が忘れている大事なことが書かれている本です。

「最近 日本って ちょっと変じゃ無い」って 思っている人には 学ぶところ、共感を覚えるところの多い本だと思います。

是非 一読を お勧めします。(ちょっと同じことの繰り返しが多いですが)

| | コメント (0)

2006年10月20日 (金)

子供の自殺【わが子】

我が家にも小5の娘がいる。

親としては 心配である。

「いじめられたら お父さんか お母さんに 相談するんだよ」とねんをおした。

それから「自殺なんかするんじゃないぞ!」といったところ

「そんなことするわけないじゃない。だって、死んだらおいしいもの食べられないじゃ~ない

さすが わが娘

あんたは えらい!!!!

今のところ 育て方に間違いは無かったと 安堵した出来事でした。

人間である前に 生物であれ!!

| | コメント (0)

中学生の自殺【悪趣味】

中学生の自殺事件(?)で

生徒の両親が先生たちを問い詰めるところが テレビで流れているが

こんな映像必要?

(話し合い自体は当然必要である。誤解のないように。)

関係者が話し合って

原因究明をし

加害者は罪を反省し、罰を受け

(直接の加害者以外にも、反省すべき人は多いと思う。各自が各自の立場で謙虚に反省すべきところは反省すべきだとだと思いますが。親も例外なく)

再発防止策を検討し

実行すれば良い事で

視聴者・一般市民は 結果だけが分かれば十分だと思うのだが・・・

わざわざテレビ中継すべきことかぁ?

(確かに視聴率はとれそうだが・・・)

報道としては そんなことより

その後ちゃんと対策がとられているか等々を監視し報道することが重要であると思うのだが。

(これじゃ~視聴率がとれないか?)

ただ叱る者と叱られる者のテレビ中継 悪趣味な 覗き趣味だと思うのは

私だけでしょうか?

| | コメント (0)

2006年10月13日 (金)

核実験

自国を守るためには、核兵器保有しか道は無いのか?

別に北朝鮮を擁護するわけではないが

少なくとも、核兵器を持っている国は避難できる立場に無いと思う。

「私は持っても良いけど、お前はだめ」なんてのは 筋が通らないと思うが。

唯一の被爆国であるわが国は、核兵器廃絶に向けて先頭をきって行動すべきだと思うのだが・・・

でも、わが国は核兵器を保有する国の傘下にあり、同盟国と言ゆうより、一州であるから大きなことも言えないか。

あたしとしては 核兵器の無い・戦争の無い世界を望むのだが

いるんだよね 戦争好きな人。(「国」ではなく「人」だと思う)

それから、核実験か否か?の調査を躍起になってしているが

いいじゃん 核実験で

その国の最高責任者(独裁者)が言っているんだから

核実験にしておいてやれば

核兵器保有って事で 対応してあげれば

これぞ 武士の情け!?

| | コメント (0)

2006年10月12日 (木)

祝ドラゴンズ優勝 ビールかけ

優勝につき物の ビールかけ

その前に インタービューがあったのだが

選手は気持ちは「早くビールかけをしたい!」状態でした。

「サッポロビール」によるビールかけでしたが

選手のTシャツ・ジャンバー等々 サッポロビールってのは

あのビールは サッポロビールの寄付?

なぜ サッポロ

個人的には好きなビール会社で良いのだが ちょっと気になる。

それから ビールかけの時 大きな選手に混じって

小柄(?)な茶髪のおばさんが参加していました。

一瞬誰だ?と思ったが すぐに誰だかわかりました。

余談ですが、峯さんに親しく話しかける

これまた ビールかけに参加している おばさんがいましたが

これは 誰でしょう??

| | コメント (0)

2006年10月11日 (水)

祝 ドラゴンズ リーグ優勝!

祝 中日ドラゴンズ リーグ優勝!

体育の日にふさわしい出来事だね。

2006001 やぁ~ 良かった 良かった

マジック点灯から ひやひやしましたが

優勝できて 良かった 良かった

落合監督は 最高だね!!

10年間監督して2回優勝し よそのチーム行ってしまった監督とは 基本的に違うわ!

ほんとに 福留さん ウッズさん も いい時に打つし

他の選手も それぞれの持ち味で 優勝に貢献してるし

後半 勝利のきっかけをつくった 山本投手の活躍も大きいですね。

やっぱ チームの勝利だね!

個人プレーに徹し 低迷を続けるチームとは基本が違うね。

やぁ~ 勢いのあるチームと直接対決 前に決め手良かった

敵地で優勝したのでは 暴動が勃発する可能性もあるし

さぁ次は!! めざせ 悲願の日本一!!

でも、優勝の瞬間 地上波でのTV中継が無いって 何???

某TV局の陰謀?

| | コメント (0)

2006年10月10日 (火)

体育の日

今日は「体育の日」あった

バブルの時 国民が遊びに行きやすいように 連休を増やすため 体育の日は 10月の第2月曜日になった。

「体育の日」は「1010日」でなくって良いのか?

なぜ「1010日」が「体育の日」になったのか?

昭和391010日は東京オリンピックの開会式の日である。

東京オリンピックを記念して出来たのが体育の日

やっぱ 「体育の日」は「1010日」であるべきでは と 思うのだが

そう思うのは 私だけ??

豆知識:東京オリンピックの開会式はなぜ1010日になったのか?それは、統計的に1010日が晴れる確立が高いからだそうです。今日は快晴!すがすがしい秋晴れ!!運動会日和である。

| | コメント (0)

2006年10月 9日 (月)

差別・平等

娘の通っている小学校に

椅子の6年生の男子がいて

他の子と同じ学校生活を送っている。

大変 喜ばしいことである。

先日運動会があった

その子もほかの子と同じ様に運動会に参加していた

のだが

徒競走

ほかの子と同じスタート地点から同じゴールラインまで走る。

スタート時刻も同じである。

一生懸命走っていたが 結果は当然 ダントツの びり(最下位)

児童・先生・見学父兄の拍手の中ゴールしたのだが・・・・

これって どう思いますか?

これって 本当の平等なんでしょうか?

基本的に身体能力が違うのだから

距離を短くするとか

スタート遅刻を変えるとか

これが 本当の平等ではないでしょうか?

そうすれば この子が頑張れば、上位入賞もありえる

これが本来の 運動会競技 スポーツではないかと思うのですが。

| | コメント (0)

2006年10月 7日 (土)

小学生の自殺 その2

クラスのみんな・・・そんなこともあるだろう。

でも先生だけは、味方・・・・そうでもなかったのか?

先生

では、親・家族は・・・・?

味方が・愛してくれる人が 一人もいないとしたら

きっと、生きて行けない

私だって生きて行けない。

でも、生きていける強い(?)人がいたりして・・

くわばら くわばら

| | コメント (0)

2006年10月 6日 (金)

小学生の自殺 その1

つらい現実を我慢する、我慢するに価する夢・将来は無かったのか?

夢の無い時代になってしまったのか?

将来に夢の持てる子と そうでない子

格差社会が子供の世界にも浸透してきたのか

それより

「遺書」ではない!「手紙」だと言い張る人

死ぬ前に書く「手紙」を「遺書」って呼ぶんだ!

子供のことよりも自分の保身第一

こんな人が頭を勤める教育者の社会

何をかイワンヤ!

| | コメント (0)

2006年10月 5日 (木)

耐震診断

市から委託され、住宅の耐震診断をしている。

診断を行うのは、56年以前旧建築基準法により建てられた木造住宅です。

宮城県沖地震により大きな被害が発生したことから、木造住宅に対する構造的な基準が見直されました。

耐震診断は旧基準基準による建物を、現在の基準により行うことから、ほとんどの住宅が「地震がきたら倒壊(倒れてつぶれる)の可能性が大きいよ」って結果となる。

その結果を居住者に説明するのだが、そんな結果を告げるのは「がん告知」に似て結構つらい。財力があり耐震補強が出来る人ならいいが、そうでない人がほとんどです。

その場合、家具の転倒防止や 住宅の中で比較的安全なところは何処か等 簡単にできることを説明するようにしています。また、耐震補強についてすぐに完全な形で出来ない時は、全体のバランスを考えた上で、改修・リホームなどにあわせてできるところから耐震補強をするように話をしています。

不安な方は、市(町村)役場や信頼できる専門家に相談してみてください。

くれぐれも 人の弱みに付け込む悪徳業者には ご注意を!!

| | コメント (0)

2006年10月 4日 (水)

びおっこ

「びおっこ」とは、私がボランティアでたずさわっているビオトープの愛称です。

市の施設ですが、3年間市民参加のワークショップで市とコンサルで計画、設計をし、今年春に完成しました。

もといオープンしました。完成はまだまだです。

ビオトープとは何か? 自然とは何か?

自然を造るなんて なんて不自然なんだろう。

(拓郎風:わかる人は、古い人か拓郎ファン)

等々 ありますが

魚が泳ぐ姿

びおっこの池で生まれた子供が泳ぐ姿・育っていく様子

植物が育っていく姿

トンボが飛ぶ姿

等々を 見ていると 大変楽しいです。

私が小学生のころの風景の記憶が戻ってきます。

お近くの方は 一度見に来てください。

ブログもあります。

| | コメント (0)

2006年10月 3日 (火)

サービス残業

学校を卒業して最初に勤めた設計事務所

四半世紀も前になるのだが

経営状態が思わしくなかった

なら、新入社員を採るな

収入は無いのに、仕事はある

大変なところに就職をしてしまった。

残業代が払えないので、代休に振り替えであった。

しかし、代休などとれるはずもなく、すべてサービス残業

最低月50時間は残業をしていた。多い時は100時間以上だったと思う。

そんな事務所も経営不振により解雇されてしまう。

今で言う リストラである。

そんな言葉の無いころ 私は最先端を行っていた。

4年勤めたので最低でも残業時間は2400時間以上あり

300日、1年以上休める代休の権利を寄付して退職しました。

今なら、権利を主張できたかも分かりませんが

時代 ですかね。

ちなみに その次の事務所も 残業代を頂いていません。

当然 残業は多い勤務体制でしたが

| | コメント (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »