« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月29日 (金)

トークバック

トークバック

よく分からないので、消去させていただきました。陳謝

「トークバック」自体もよく分からない。

最初のころ操作がよく分からなくって受け付けちゃって陳謝

| | コメント (0)

2006年9月28日 (木)

つま恋2006 その4

弁当、アルコール類持込禁止

まぁ それは それで良いけど

それなら ちゃんと飲み物(アルコール)を販売してほしい!!

40代、50代の大の大人が、ビニールコップに移された、気の抜けかけた ぬるい缶ビールを 長い時間並んで買う。安いならまだしも高価な値段で。

売らないならいいが 売るなら もうちょっと きちんとしたビールを飲ませてほしかったなぁ~。

何も、店を増やせばすむことであって たいした事ではないと思うが。

(結構売れていたから儲かったと思うよ)

そこまで配慮がほしかったなぁ~

もんく ばっかりいっとるが

酒好きのおじさんにとって 酒を飲みながら 大好きな拓郎・かぐや姫の生の歌が聞けるなんて 酒池肉林の次に 幸せなこと事でした。

当然 酒池肉林なんてしたこと無いけど

| | コメント (0)

2006年9月27日 (水)

つま恋2006 その3

つま恋

「吉田拓郎」NHK

なぜ??????????

BSハイビジョンで 生中継!!

主催者のパンフレットには「終演=21:00(予定)」

となっているのに、かぐや姫とたくろうの別々のアンコールが終わったのは

ピッタリ 21:29

中継は 21:30まで

合わせた?

いまさら「人間なんて」なんてとは思うが、「人間なんて」は歌わない。

コンサート中のたくろうのトーク(今はMCってぇの)も いまいち精彩に欠ける。

随所に中継を気にしたトークが気になる。

TV中継ではなく、「つま恋のコンサート」を見に行った私として物足らない。

また、2100に終演していれば、自宅に帰れた人もいたはず。

私もきっと名古屋駅まで帰れた。そして、自宅まで

当初は電車の都合等を考えて、2100に設定したのではないのかな?

どうせ、帰れないなら、朝までやってくれたほうがまし。始発で帰れる。

最近、NHKが拓郎を取り上げることが多い。なぜ?

拓郎の紅白出場

| | コメント (0)

2006年9月26日 (火)

つま恋2006 その2

つま恋に・・・

たくろうのステージに中島みゆき

なぜ??????????

キーワードは?

浮気?

かわいい子ちゃん好きが還暦を迎えて 趣味が変わった?

NHK・・・・

こっちの方が 可能性は大!か???

中島さんは紅白にも出ているし

やぁ~~ つま恋2006の謎

知っている人は 教えて!!

まぁ 中島みゆきも好きだから良いんだけど

でも 今 なぜ この組み合わせ?

ちはるなら わかるけど・・・・??

(こちら方がありえない組み合わせ)

| | コメント (6)

2006年9月25日 (月)

つま恋2006

つま恋に行ってきました。

31年前私は行っていませんが(篠島は行きました。)、その時に行った同級生と行って来ました。

一番後ろの席で、ステージ上の生出演者はよく見えませんでしたが、でも感激しました。

ゲストは、「かまやつさん」とこりゃまたびっくりの「みゆきさん」でした。

たくろうが2回目のステージで中島みゆきの「ファイト」を歌うので変だなぁ~と思っていました。そして最後のステージでまた中島みゆきのうたを歌いだしました・・・・。何か変だぞおぉ~と思っていた矢先、ステージ袖から、女性が登場!そして歌いだす!!なんとその歌声はあの中島みゆきではないか!!!

1曲歌って、何も言わずに帰っていきました。

びっくり。

| | コメント (0)

2006年9月20日 (水)

真っ黒な!

朝トイレで

ウンチくんが 真っ黒!!

なんじゃぁ こりゃぁ~~~

何か悪い病気か? と 驚いた!!

あっ! そおだ!!

原因は 「イカ墨のスパ」だ!

しかし、気を失うほど 見事に真っ黒でした。

| | コメント (0)

2006年9月17日 (日)

愛国心2

では「愛国心」の何が問題なんでしょうか?

ここで言う「国」とは何か? が 大事だと思うんですが 

そこで生活をする国民の集合体が「国」と考えるか

国民ではなく「国」自体を「国」と考えるか

の違いが 大きいと思うんです。

考えるに

前者の場合 当然「愛国心」を持つべきであり

後者の場合は 「愛国心」なんて くそ食らえ だと思う。

先の戦争における「愛国心」は 後者であったように思います。

「お国のため」と多くの国民が死んでいった

また 国は国民にそれを要求した

「家族・国民のため」と死んでいった人は いたのだろうか?

「国」のための戦争であり「国民」のための戦争ではなかったと思います。

国民を犠牲にして 守るべき「国」とは

誰のための「国」?

「愛国心」を議論する時は

「国」とは何かを 確認しないと

話はいつまでたっても 平行線をたどるだけだと思います。

| | コメント (2)

2006年9月14日 (木)

69

この地方(愛知県周辺)の有名なタレント(全国においても一部のマニアックな人たちには大変有名です。)の つボイノリオさんは なぜだか「69」の数字が大好き!

彼のラジオ番組でも、折に触れ(69日・第69回等々)、相当な頻度で「69」の数字が話題になる。

例えば 69歳の人がいようものなら もう大変!!?

最近 それを知ってか 知らずか 名前に「69」がつき

缶に大きく「69」と書かれた缶コーヒーが 発売された。

当然 彼の番組では話題とり 差し入れするリスナーも 一人や二人ではない。

この缶コーヒーを発売した大手メーカーは この数字の持つ 特別な意味を知っていて名付けたのか?否か?

マイナーなメーカーならまだしも 大手メーカー 知らないはずが無く その英断には敬意を表します。

| | コメント (0)

2006年9月 8日 (金)

愛国心 その一

この国において「愛国心」は、よく議論の対象となっている。

愛国心は大事なことであると思う。

その単位は

自分の国を愛すること

自分の県を愛すること

自分の市町村を愛すること

自分の生活する地域を愛すること

そして

自分の家庭を愛すること

自分を愛すること

と小さくなっていき

大きくすると

地球を愛すること

宇宙全体を愛することにつ ながっていく。

自分を含め、自分の関わる地域・社会・環境を愛することは 大切なことであり、自然なことであり、その行為を否定する理由はないと思う。

| | コメント (0)

2006年9月 7日 (木)

元建築士

年収2000

業界では 一級建築士の資格のことを こう言っている。

足の裏の飯粒:取らないと気になるが、とっても食べられない」

建築の設計をしている以上 とらないと気になる。

(設計事務所等に勤めていれば 管理建築士が一人いれば その管理下において 無資格でも設計作業は可能である。)

しかし、資格を取ったら 必ず食っていける(収入が得られる)ものではない。

(足の裏の飯粒は食べられないですよね)

一部の能力のある建築士は別にして 私を含め多くの建築士は 経済的に厳しい状態である。

人の道に外れたことをしないと、高級外車にも乗れないし、愛人ももてない。ましてや、「かつら」なんかは・・・

しかし、すぐそれと分かるあのかつら安物

| | コメント (0)

2006年9月 3日 (日)

ベトナム人を違法雇用

新聞によると、ベトナム人を法定賃金以下で雇用していたとして、トヨタの二次・三次下請けの工場が労働基準監督所から指導を受けたそうです。

トヨタの繁栄の陰には、こんな実態が・・・

日本も米国と同じように、儲けたもの勝ちの社会になってきた。

親会社は親会社が儲かれば、下請けはどうでも良い。元請けは元請けが儲かれば下請はどうなっても良い。孫請けは孫請けが儲かればひ孫請けはどうなっても良い・・・・

日本人が儲かれば外国人はどうなっても良い。

日本人もなんて社会を望むようになったんですね。

仕事とは、お客さんに喜んでもらった代償にお金をいただくもの、と思っていたが今はそうでなくなってきた。

| | コメント (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »